スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

換毛期にしっかりと換毛を!

「換毛期」ってご存知ですか?
字のごとく「毛が生え換わる時期」のことです。

2重毛と言われるダブルコートの犬種は換毛します。
ダブルコートとは、ひとつの毛穴から主毛複数の副毛が生ている
被毛で、副毛はアンダーコートとも呼ばれ、柔らかい綿のような被毛
が密集している被毛です。
柔らかい綿のようなアンダーコートが密集していることで寒さから身を
守る防寒として犬の重要な体温調節の役目を持っています。
なので、換毛期は主に春と秋の季節の変わり目の年2回ほどで、この
アンダーコートが抜け落ちて生え換わります。

ダブルコートの犬種は、柴犬などの日本犬、コーギー、シェルティー、
ポメラニアン、スピッツなどなど…
野生のイヌ科の動物、狼やキツネなどもダブルコートの被毛を持ち
自然界の気候に合わせて換毛をしています。
ダブルコートの犬種は、野生に近い被毛だと言えますね。

換毛期がほとんどない被毛が1重毛というシングルコートです。
副毛がほとんどなく、ひとつの毛穴から1本の被毛しか生えてません。
換毛期がないので、長毛犬種でもダブルコートのように大量に抜ける
ことがなく、抜け毛が少ないのが特徴です。
シングルコートの長毛犬種は、プードル、ビションフリーゼ、ヨーキー、
マルチーズなどなど…

我が家には老犬プードルがおりますが、掃除の時プードルの抜け毛は
ほとんど見たことがなく、私の抜け毛の方がかなり目立ち…
掃除機の中には私の髪の毛ばかり大量に吸われています。。。
我が家の愛犬としてプードルを選んだ理由のひとつには、抜け毛と体臭
が少ない犬種だから。。。

シングルコートでも短毛犬種の場合は、毛がすごく抜けます。
パグ、フレンチブル、ビーグルなどの短毛犬種はシングルコートですが
換毛期に関係なく一年中抜けているといった感じでとにかく抜けます。
短毛犬種だから手入れが楽だと思っていたら抜け毛が多くて大変~と
いう嘆きを飼い主さんからよく聞きますので、犬種選びは慎重に!

先月のことですが、サモエドのトリミングをしてきました。
前回もトリミングした蘭丸君ですが(こちら→「大型犬のトリミング」
1ヶ月ほどトレーナーさん宅で預かりトレーニングしており、預かって
いる間トリミングして欲しいとの依頼でした。
(蘭丸君のトレーニングの様子は→ 「広上家一族」 

今回は訪問トリミングといっても飼い主さん宅ではなく、トレーナーさん宅
…というより、トレーナーさんの知り合いのブリーダーさん宅のトリミング室
を貸していただいて蘭丸君をトリミングしました。
蘭丸シャンプー前1


続きはこちら»

ネコのトリミング

訪問トリミングは、犬のみでネコのトリミングは基本的にはしません。
でも、特例としてネコのトリミングをする場合があり、今回特例として
ネコのトリミングをしてきました。

ネコは清潔好きでセルフグルーミング(自分で毛づくろいをする)を
するので犬のように毎日定期的にグルーミングする必要性はあり
ません。
しかし、それは短毛種の場合で、ネコでも長毛種の場合はブラッシング
などのお手入れは必要となってきます。

長毛種のネコの場合は、ブラッシングなどの手入れを怠ると、もつれが
発生し毛玉になります。
犬と違ってネコの毛玉は厄介でとても大変!!!
ハリコシがない柔らかいネコの被毛はあっという間にフェルト状の毛玉
になってしまいます。

毛玉になったらネコの場合はそりゃぁ大変~!
犬のようにブラシでもつれをほぐすなんてことはできず、バリカンで根元
から刈り取らなければならないのです。

バリカンで刈り取ると言っても、犬のようにテーブルの上でジッと大人しく
しているわけはなく、大暴れすることがほとんど…
こうなると、動物病院で麻酔をしてバリカンで刈り取るしかないのです。
麻酔をされて毛玉をバリカンで刈り取られているネコを動物病院で何度
も見ました。

ショップで働いていた若かりし頃は、ネコのトリミングも経験しました。
働いていたショップでは、ネコの繁殖、子猫の販売、ネコのホテル、
キャットショーの出陳など犬と同様にしていたので、ネコのトリミング
も当然犬同様にしていました。もちろん麻酔ナシで…
長毛種だけでなく短毛種のシャンプーもしていたので、かなりの数の
ネコをトリミングしました。
この経験を踏まえて、専門学校の先生をしていた時は、ネコの爪切り
やシャンプーなどのネコのグルーミングも学生に指導していました。
ネコのトリミングは、経験が豊富にないとできませんからね。

特例でネコの訪問トリミングをする場合は、グルーミングに慣れていて
大人しいことが条件です。
ネコの場合は、犬のように「しつけ」をするというより、幼猫期にお手入れ
を嫌がらないように少しづつ続けて、グルーミングに自然に慣れるように
しなければいけないのです。

以前、猫のレスキューをしている知り合いの長毛種のネコちゃんを何度か
訪問トリミングしていました。
ペルシャ猫のマリちゃんは、毛玉になりやすい毛質だったので体はバリカン
で短くして、顔はハサミで丸くカットしていました。
トリミングしたマリちゃん
マリちゃんは、動物病院で「こんなに大人しい猫は初めてだ」と獣医さんから
いわれたくらいとても大人しいネコちゃんだったので、麻酔ナシでのトリミング
ができたのです。
そんな大人しいマリちゃんでしたが、腎臓病で亡くなりました。。。

マリちゃんのような超大人しいネコちゃんは稀です。
ネコは、犬と違って単独行動の動物ですから人に合わせてくれることはなく、
束縛されることは嫌いで、暴れたりしても力づくで押さえ込むことはかえって
より攻撃的にさせることになるので、よほどトリミングに慣れているネコでない
と訪問トリミングを受けることはしません。

続きはこちら»

伝えたいこと

地道に続けている「お手入れ講習会」の活動ですが、もっともっと
いろいろな形で展開していきたいと密かに考えています。

愛犬の負担をなるべく少なくしたいとはじめた訪問トリミングですが、
お手入れについての知識がほとんどなく間違った自己流のお手入れ
をされている飼い主さんが多いと目の当たりにして、今ではお手入れ
指導に力を入れています。

もっとたくさんの飼い主さんに正しいお手入れを知って欲しくて、講習会
という形で伝える活動をしています。
講習会は仕事というより、啓蒙活動の一環として活動している感じです。

PlayBowお手入れ勉強会


訪問トリミングと違い、講習会はたくさんの飼い主さんに向けてお手入れ
の説明をして実演しますが、たった数時間という時間内ですべてを説明し
すべて実演して見せることはもちろんできません。
飼い主さんたちの愛犬の種類もそれぞれ違い、疑問や質問したいことも
それぞれ違うので、参加者全員に応えることはかなり難しいです。

しかし、お手入れについて悩んでいたり疑問に思ってることを講習会で
すべて解決できると思い参加する飼い主さんたちも少なくはない。
愛犬が嫌がる爪切りやブラッシングを好きにさせる方法を講習会で教え
てくれて、その日から愛犬がまったく嫌がることなくお手入れができると
いう魔法的なお手入れ法を期待して来るのだ。

今まで嫌いだったことが一発で好きになる魔法みたいな手入れ法なんて
あるわけないじゃない!
もしあるのなら、私が知りたいよ!!!
それに、短時間の講習会で実演を見ただけで、素人の飼い主さんがプロ
並みにできるわけがないじゃない!

講習会で伝えたいことは、魔法のようなお手入れ法をマスターしてもらう
ことではなく、お手入れの大切さを知ってもらうことなのです。


続きはこちら»

「お手入れ勉強会IN東京」を終えて

9月23日に東京で「愛犬のお手入れ勉強会」を開催してきました。

東京でのお手入れ勉強会は今回で3度目、2年ぶりでした。
2年ぶりとあってか、今回はなんと!45名も参加者が集まった!
主催のドギーサークルPlay Bowのスタッフ人数を入れるとなんと!
50名を超えて、過去最高の参加人数で大盛況でした。
地元北海道で開催しても、参加者はとても少なくまったく集まらないと
いうのに関東の方たちはやはり意識が高いんですね~!

今回は東京日帰りという強行スケジュールで時間的余裕がまったく
なくて、かなりきつかった~

羽田空港に着いたら開催会場へ…
余裕で会場入りする予定が開始時間ぎりぎりに到着し、スタッフの方たち
と打ち合わせをする時間もなく、ドタバタ急いで準備したまま勉強会に突入。。。
初めての会場でトリミング施設の使用がよくわからずと惑いながらもなんとか
勉強会を進行して、勉強会が終わったらすぐ羽田空港へ…
あっという間の勉強会、あっという間の東京滞在でした。。。

ブラッシングやシャンプーなどの実演でモデル犬として活躍してくれたのは
PlayBowの会長ちはりんさんの愛犬です。
2年前のお手入れ勉強会でもモデル犬として活躍してくれたパピヨンの愛唯(メイ)
ちゃんは、今回の実演でも何度もシャンプーされ活躍してくれました。
(前回のモデル犬として活躍した愛唯ちゃんは→ 「PlayBow」 

今回、モデル犬デビューとなったのはボーダーコリーの楓雅(ふうが)くん。
この楓雅くんは、昨年北海道で開催したお手入れ講習会でモデル犬として活躍
した楓こさんの息子なのです。
親子2代で私のお手入れ講習会のモデル犬として活躍してくれるなんて、なんだか
運命を感じますね。 (楓こさんの活躍は→ 「Paw'er」 」

今回は、時間がまったくなくて、一枚も写真が撮れず、愛唯ちゃんと楓雅くん
の活躍している写真が載せられず…すみません。。。

私のお手入れ講習は、必ず被毛についての講義をします。
被毛についての知識があるととブラッシングやシャンプーをするときに被毛の
ことを意識してお手入れしますから、講義でしっかりと伝えるのです。
被毛の構造や役割のことがわかっていないと、健康な被毛を維持することは
できませんからね。

参加者の皆さんは、初めての私の講義に驚いたと思う。
それは、かなり辛口&毒舌トークだったから。。。
私は、飼い主さんにごますったり、おべっかは一切言わない。
訪問トリミングを受けた飼い主さんはすごくよくわかっていると思うが、
「過保護」「依存が強い」「おやつをあげるマシーンだ」「愛犬がかわいそう」
などなど、かなりストレートでズバッと正直に言います。
思い込みの激しい飼い主さんがほとんどなので、ズバッとストレートに言って
あげないと自分の過ちに気がつきませんからね。
それに、ショップで働いていた時は、どんなに暴れる犬でも「いい子でしたよ」
「大人しかったですよ」なんて飼い主さんの気分を害さないようにリピーターと
してまた来てもらえるように、たくさんのウソを言ってきましたから、もう今は
ウソはつきたくないですから!

でも、「はっきり言っていただいてよかったです。自分の大きな勘違いに
気がつきました。今まで愛犬にはかわいそうなことをしていた。」と言って
かえって喜ばれ、愛犬としっかりと向き合うきっかけになっています。


まぁ、ネットって怖いですからね~
私という人物をブログを読んでいる人は勝手に作り上げますから、実際に
会ってどう思われるのかわからないですね~~


続きはこちら»

ツヤピカ被毛を目指して!

今回の訪問トリミングも短毛犬種です。
最近は短毛犬種の訪問トリミングの依頼が増えてます。

このブログを見て訪問トリミングの存在を知ったようでブログが縁で
訪問トリミングの依頼がありました。
広告や宣伝は一切していないので、このブログでしか訪問トリマーの
存在を知ることができませんからね。
お手入れ教室などの講習会でも訪問トリミングについて話しはするの
ですが、「安い参加費でお手入れのこと学べてラッキー!」という方が
多くて、高い料金を払ってまで訪問トリミングを受ける気はないらしく…
講習会参加者から訪問トリミングの依頼はほとんどないのが現状。。。

本当は、みなさまの愛犬の被毛がお手入れによってこんなにも違うと
いうことを実際に見て触って体験して欲しいのですがね。。。

さて、今回の訪問トリミングのお客様は、ジャックラッセル・テリアの
りんちゃん、2歳の女の子です。
ジャックラッセルのりん

ジャックラッセル・テリアというと、暴れん坊でしつけが大変と言われて
いますが、りんちゃんはどちらかというとおっとりタイプのようです。
散歩で会う犬に吠えられたりしても吠え返したり唸ったりと反撃すること
がないとのことです。

ボールやフリスビー投げの遊びが大好きということで、初めて会ったわたし
のところにボールを持ってきて何度も「投げて!」という催促をしてました。
とてもフレンドリーなりんちゃんで、ジャックラッセルテリアのイメージが変
わりましたよ。

今までシャンプーなどのお手入れは、ショップでトリマーさんにお願いしたり
自宅でシャンプーしたりとのこと。
このブログを見てラファンシーズのシャンプーを購入して、ブログ記事に書い
てあるお手入れの仕方を読んで自宅でシャンプーしてみたそうですが…
「ラファンシーズでシャンプーしたけど、ツヤピカ被毛にならないんです」
という飼い主さん。。。

そりゃあそうですよ!
ラファンシーズでシャンプーしただけでツヤピカ被毛になるんだったら、プロ
である私の存在価値がなくなるではありませんか~!
ラファンシーズシャンプーの使い方、洗い方が正しくできていないとツヤピカ
被毛にはなりませんよ~!

短毛犬種でも、フレンチブルのようなシングルコートの超短毛と柴犬のような
ダブルコートの短毛と、ジャックラッセル・テリアのようなワイヤーコートの短毛
ではシャンプーの仕方が若干違ってきますからね。
りんちゃんの被毛や毛質に合わせた正しいシャンプーを行うと、驚くほどのツヤ
ピカ被毛になりますよ。
活発なりんちゃん

夏になると暑いからとショップで全身バリカンでツルツルの丸刈りをしていた
こともあったそうで…
OH!NO~!特別な事情がないかぎり丸刈りはいけませ~ん!
ツルツルの丸刈りがどれだけりんちゃんの皮膚に負担がかかり危険な状態
になるのか説明をしました。
(丸刈りの危険についてはこちらの記事を→ 「室外犬もお手入れを!」 
「何も知らないって怖いですね」と飼い主さんは言っていましたが、トリマー
さんも飼い主さんに言われるがままにカットするのではなくて、きちんと説明
するべきですよね。


続きはこちら»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。