スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコのトリミング

訪問トリミングは、犬のみでネコのトリミングは基本的にはしません。
でも、特例としてネコのトリミングをする場合があり、今回特例として
ネコのトリミングをしてきました。

ネコは清潔好きでセルフグルーミング(自分で毛づくろいをする)を
するので犬のように毎日定期的にグルーミングする必要性はあり
ません。
しかし、それは短毛種の場合で、ネコでも長毛種の場合はブラッシング
などのお手入れは必要となってきます。

長毛種のネコの場合は、ブラッシングなどの手入れを怠ると、もつれが
発生し毛玉になります。
犬と違ってネコの毛玉は厄介でとても大変!!!
ハリコシがない柔らかいネコの被毛はあっという間にフェルト状の毛玉
になってしまいます。

毛玉になったらネコの場合はそりゃぁ大変~!
犬のようにブラシでもつれをほぐすなんてことはできず、バリカンで根元
から刈り取らなければならないのです。

バリカンで刈り取ると言っても、犬のようにテーブルの上でジッと大人しく
しているわけはなく、大暴れすることがほとんど…
こうなると、動物病院で麻酔をしてバリカンで刈り取るしかないのです。
麻酔をされて毛玉をバリカンで刈り取られているネコを動物病院で何度
も見ました。

ショップで働いていた若かりし頃は、ネコのトリミングも経験しました。
働いていたショップでは、ネコの繁殖、子猫の販売、ネコのホテル、
キャットショーの出陳など犬と同様にしていたので、ネコのトリミング
も当然犬同様にしていました。もちろん麻酔ナシで…
長毛種だけでなく短毛種のシャンプーもしていたので、かなりの数の
ネコをトリミングしました。
この経験を踏まえて、専門学校の先生をしていた時は、ネコの爪切り
やシャンプーなどのネコのグルーミングも学生に指導していました。
ネコのトリミングは、経験が豊富にないとできませんからね。

特例でネコの訪問トリミングをする場合は、グルーミングに慣れていて
大人しいことが条件です。
ネコの場合は、犬のように「しつけ」をするというより、幼猫期にお手入れ
を嫌がらないように少しづつ続けて、グルーミングに自然に慣れるように
しなければいけないのです。

以前、猫のレスキューをしている知り合いの長毛種のネコちゃんを何度か
訪問トリミングしていました。
ペルシャ猫のマリちゃんは、毛玉になりやすい毛質だったので体はバリカン
で短くして、顔はハサミで丸くカットしていました。
トリミングしたマリちゃん
マリちゃんは、動物病院で「こんなに大人しい猫は初めてだ」と獣医さんから
いわれたくらいとても大人しいネコちゃんだったので、麻酔ナシでのトリミング
ができたのです。
そんな大人しいマリちゃんでしたが、腎臓病で亡くなりました。。。

マリちゃんのような超大人しいネコちゃんは稀です。
ネコは、犬と違って単独行動の動物ですから人に合わせてくれることはなく、
束縛されることは嫌いで、暴れたりしても力づくで押さえ込むことはかえって
より攻撃的にさせることになるので、よほどトリミングに慣れているネコでない
と訪問トリミングを受けることはしません。

続きはこちら»

大型犬のトリミング

訪問トリミングは、圧倒的に小型犬が多いのですが、たまに大型犬の
依頼もあります。

ショップで働いていた若かりし頃は、アフガンハウンドやセント・バーナード
やオールド・イングリッシュ・シープドッグなど大型犬もトリミングしていまし
たが、トリマー数人がかりでのトリミングでした。

でも、訪問トリミングは私一人…他のトリマーさんはいません。
そう…大型犬の訪問トリミングは私一人でトリミングします。

以前、大型犬の訪問トリミングの依頼があり…ベアデッド・コリーをトリミングしました。
ベアディのトリミング

小型犬や中型犬はトリミングテーブルに乗せてトリミングしますが、大型犬の場合は
ブラッシングやドライング、カットすべて床で行います。
ショップの場合は、大型犬用の大きなトリミングテーブルがあるのでテーブルの上で
トリミングできますが、私のように移動する場合は、大きなトリミングテーブルの持ち
運びは困難なので、大型犬はテーブルなしでのトリミングとなり…
これが、腰に負担がすごくかかるのでつらいのなんのって…(-_-;)

小型犬の場合は、多少暴れても、唸られても、咬んできたとしても、平気な顔をして
トリミングできるのですが、大型犬となるとまったく違ってきます。
暴れたり、咬んでくるようなことがあるのは大問題!こちらの「命」が危ない!
なので、大型犬ならなんでも訪問トリミングを受けるということなく、、、
シャンプーやトリミングに慣れていてしっかりとしつけがされていることが条件です。


今回の訪問トリミングは、大型犬のサモエド「蘭丸君」です。
蘭丸君は、今回で2度目の訪問トリミング。
生後3ヶ月の時に、初めてのシャンプーを訪問トリミングでしました。
その記事はこちら→ 「初シャンプー」

生後3ヶ月の蘭丸君は、まだまだ幼さがある子犬でトリミングテーブルの上に
乗れるくらい体のサイズは小さかったのだけれど…
半年振り会った蘭丸君は、まだ生後10ヶ月だけど、大きく成長していました。
シャンプー前の蘭丸

さすが大型犬!半年でこんなに大きく成長しちゃって!
被毛はまだ短く成犬のように生え揃ってないけど、アンダーコートはモコモコ。

生後3ヶ月の初シャンプーの時に、サモエドのお手入れの仕方を教えたので
飼い主さんは半年間きちんとお手入れをしてくれていて、蘭丸君は真っ白で
きれいな被毛でした。
1週間に1度のペースでシャンプーをしていることを聞いて、飼い主さんに拍手!
きちんとお手入れをしているから、被毛の状態がいいんですね。


続きはこちら»

高齢犬と子犬…そして悲報

高齢犬と子犬のトリミングはとても気を使います。

高齢犬は、若い頃のように時間をかけてのトリミングは体力的消耗が
激しく、ストレスもかかるのでなるべく短時間でトリミングをしなければ
いけません。まして、高齢犬は何らかの病気を抱えていることも多い
ので体力と精神的負担をいかに少なくするかとても気を使います。

子犬のトリミングは、これからのトリミングが好きになるか嫌いになるか
という重大な責任がかかってきます。
子犬の場合は、トリミングに慣れていないため嫌がったり暴れたり、また
恐怖に感じたりするので、まずトリミング慣れることからはじめます。
嫌がるのを強制的に無理やり押さえ込んだりして、トリミング嫌いにさせ
ないように気を使いながらトリミングしなければなりません。

このことから、高齢犬と子犬のトリミングは、犬の扱いがわかる経験豊富
なトリマーさんにしていただくことをおススメします。


11歳の高齢で病気を抱えているシーズーのレオ君の訪問トリミングに
行って来ました。
レオ君は、「クッシング症候群」という病気を抱えていて、定期的な診察を
受けて薬を飲み続け治療をしています。
寝ているレオ君
レオ君の場合トリミングは体力的消耗が激しく、なるべく短時間でトリミングを
終わらせたいとのことで、シャンプーは前日に飼い主さんが行い、カットのみ
の訪問トリミングです。
(レオ君の記事は→ 「負担の少ないトリミング」 )

トリミング前にまったりしてくつろいでしまったレオ君。
そろそろカットはじめたいんだけど…
まったりのレオ君


続きはこちら»

室外犬もお手入れを!

この暑い季節や年末の時期になると、普段ほとんどお手入れされて
ない犬たちがトリミングにやってくる…年に1回のトリミングという犬たち。
そのほとんどが、室外で飼われているMIX犬。
暑い夏を乗り切るために短くカットして欲しいと1年に1回のペース
でトリミングにやってくるのだ。

トリミングまでの1年間はシャンプーやブラッシングなどほとんどされず
1年分の汚れと毛のもつれがつもりに積もっている。
それはそれはすごい状態になっているので、トリミング時間は大幅に
かかってしまう。

あまりにもすごく汚れた状態でやってくるので犬がかわいそうで…
室外犬でもブラッシングくらいはして欲しいといつも思っていた。

ショップに勤めていた頃は、1年に1回ペースの室外犬をこの時期や
年末などにトリミングしていた。
訪問トリミングを始めてからは、このような室外犬のトリミングの依頼
はもちろんない。

しかし、ついに、1年に1回ペースの室外犬の訪問トリミングをしました!
知り合いの紹介で急遽トリミングすることになりまして…
毎年、暑くなるこの時期にトリミングをしているということで、昨年の夏以来
のトリミングだそうで…
もちろん、1年分の汚れともつれがどっさりと積もっていました。

母犬がポメラニアンで父犬は?のMIX犬のハナちゃん、推定10歳デス。
室外のハナちゃん


ポメラニアンの血が入っているので被毛がダブルコートのモコモコ状態。
見た目にかなり暑苦しい感じがするハナちゃん。
そこで、夏向きに短めのカットにして欲しいとの要望でした。


続きはこちら»

愛犬のために快適なカットを!

トリミングは何のためにするのでしょう?

犬のトリミングというとどうしても「おしゃれ」や「ファッション」のイメージが強い。
現在たくさんの愛犬の雑誌が出版されているけど、人のファッション雑誌に負け
ないくらいのおしゃれな雑誌になっている。
流行だというカラフルな洋服を着ているワンコがいっぱい載ってる雑誌…。

トリマーの専門誌もエクステを付け、ピンクや緑だとカラーリングされ、アクセサリー
も身にまとい、ファッション性の高い奇抜なカットをしている犬が必ず紹介されている。
その奇抜なカットには「○○カット」とか「○○スタイル」とか必ずカット名が付いている。

正直言ってこれらの雑誌を見ていると、気持ち悪くなる。
これが命ある生き物「犬」なのだろうか?

このような雑誌を見て、わが愛犬にも同じカットにしてと要望する飼い主さん。
まるでぬいぐるみかアクセサリーのような扱いをされている愛犬たち。
そんなワンコの見て「かわいそう」と思ってしまう私の方がおかしいのだろうか?
…と、愛犬雑誌を見ながら思ってしまう。

飼い主さんが好むファッション性の高いおしゃれなカットは果たして愛犬は快適
なのだろうか?
奇抜なカットを維持できるお手入れがきちんとできるのだろうか?
カラーリングがどれだけ被毛にダメージを与え悪影響を及ぼしているか知って
いるのだろうか?

トリマーはそれぞれトリミングや犬に対する考えやカットが違う。
トリミングは「アート」だ!「芸術」だ!と言って芸術作品を作るようにトリミング
するトリマーもいる。
個性を際立たせるために他にない奇抜なカットを常に考え、カットスタイルの
バリエーションを増やしているトリマーもいる。
カットスタイルよりも一日何頭もカットしトリミング頭数をこなすことを目的として
いるトリマーもいる。

私は、トリミングは健康管理のためにあるものだと思っている。
そして、愛犬が快適に過ごせるお手入れしやすいカットすることにこだわっている。
飼い主さんが普段楽にお手入れができるカットをすることが健康維持につながる。
愛犬が快適に過ごせるように汚れやすい箇所の被毛を短くカットし、もつれができ
にくい健康な毛質にすることが大切だと思う。
見た目のカットスタイルよりも健康管理のためのカットスタイルを最優先している。

でも、飼い主さんが希望するデザイン的なカットをまったくしないわけではない。
飼い主さんがきちんとお手入れできて、毛質も良く、テーブルトレーニングがきちん
とされている場合は要望によりデザイン的なカットをする。


続きはこちら»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。