スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンプー剤の使い方

一昔前に比べ、自宅で愛犬のシャンプーをする飼い主さんは
多くなっている。
たくさんのお手入れ用品が出回っているし、本や雑誌などでも
愛犬のお手入れの仕方が掲載されている。

訪問トリミングで行くと必ず飼い主さんに愛犬をシャンプーしたこ
とがあるか聞きますが、ほとんどの飼い主さんがお手入れ用品
やシャンプー剤を購入していて自宅でしていました。

しかし、そのほとんどが自己流で間違いやカン違いのシャンプー
を愛犬にしています。

意外と知らないのがシャンプー剤を希釈して使うことです。
訪問トリミングでは実際にシャンプー剤の使い方を説明しながら
シャンプーしているところを見ていただきますが…
「シャンプーは薄めて使ったほうがいいんですか?」
と、驚いたように聞く飼い主さん。。。

シャンプー剤を希釈して使うことはトリミング業界では当たり前の
ことなんですが、飼い主さんは知らないことなんですね。

シャンプー剤の種類によっては、原液のまま使ってもいいとされ
る製品もありますが、希釈して使うことをオススメします。

なぜ、希釈して使うのかというと、、、
シャンプー剤は、大抵トロ~っとした粘度性があり、そのまま原液
で使用すると、ムラづきが出て泡立てにくくなります。
特に、毛量のある犬種やダブルコート(2重毛)の犬種は、原液の
ままだと全身にシャンプー剤が均等にいき渡りにくく、泡立ちも悪い
でしょう。
泡立ちが悪いとシャンプーをどんどんかけて使いますから、経済的に
も悪くムダが出ますよね。

被毛同士の摩擦のダメージを少しでも少なくするには、細かい泡を
いっぱい立てることが重要なので、泡立てを良くするためにはシャンプー
剤を薄めて使うことがポイントなのです。

入浴中のあいびー

シャンプー剤のなかには、原液のまま使用すると皮膚にダメージを
及ぼす刺激の強い製品もありますから、常に希釈して使うことを意識
してくださいね。

シャンプー剤だけではなく、リンス剤も希釈して使いましょう。
シャンプー剤と違ってリンスは泡立てることはしないので、全身に行き
渡らせ付け残しがないようにするためにも、シャンプー剤よりも少し薄め
て使います。


さて、そのシャンプー剤の薄め方ですが…

薄めたシャンプー剤を使うためには、ボトルなどの容器を用意してください。
シャンプーメーカーでそれぞれ販売している専用ボトルがあり、ショップなど
では使っていますが、専用ボトルである必要はありません。

訪問トリミングで使っているボトルは100円ショップで購入したものです。
ドレッシングや調味料入れのプラスチック容器です。
シャンプーボトル

なるべく飼い主さんが使いやすく購入しやすいものを訪問トリミング
では使うようにしています。
この100円容器なら飼い主さんでもすぐ購入できますから。

この容器にシャンプーの原液を入れてお湯かぬるま湯で薄めます。
これは、ラファンシーズのシャンプー(左)とリンス(右)で3倍くらいに
薄めています。
原液希釈

ラファンシーズは、原液のまま使っても問題のないシャンプー製品ですが
いつも3~4倍くらいに薄め、リンス剤は5倍くらいに薄めています。

製品によっては10倍くらいに希釈して使うなどそれぞれのメーカーで希釈
度合いが違いますから、トリマーさんに聞くかラベルの注意書きをよく読ん
で薄めて使ってくださいね。

薬用シャンプーは治療目的で使用するシャンプーなので、使用する場合は
必ず獣医さんに使い方を聞いて正しく使用してください。

希釈したシャンプーは、その都度必ず使い切ってください。
残ってしまったからもったいないと、次のシャンプーまでそのまま放置したり、
注ぎ足して使ったりしないでください。
お湯(水)で薄めたシャンプーやリンス剤は時間が経つとともに劣化していく
ので、被毛や皮膚に影響が出たりする可能性があります。

残ってしまったらもったいないけど思い切って捨てましょう。
私の場合、残った希釈したシャンプーは、自分の洗髪に使っています。
薬事法の問題でペット用シャンプーは人の洗髪に使ってもいいとは決して
言えないのですが、私はラファンシーズは人間のシャンプー以上に安全性
が高いと思っているので、時々自分の洗髪に使ったりします。
もう仕上がりが抜群にいいんですよ(笑)
これは、あくまでも私の場合ですから…。。。

ですから、毎回使いきれる量の希釈したシャンプーを使ってください。
作り置きはしないで下さいね。

決して自己判断で自己流でカン違いしたシャンプーをしないように!
愛犬のために正しい使い方をしてください。


気になるシャンプーのことについてはこのカテゴリーを→ 「お手入れ知識」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。