スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリミングの間隔

経済状況が不安定で長引く不況…
出費を抑えようとお財布のヒモがかたくなりますよね。

出費の抑えは愛犬にかかる費用にも必然的にくるわけで…
特に定期的にかかるトリミング料金の負担をいかに少なくするか
考えている飼い主さんも多いようで。。。

今まで1ヶ月おきにトリミングをしていた愛犬が1ヵ月半おきになり
2ヶ月おきになり…3ヶ月おきに…とトリミングする間隔を延ばして
トリミングかかる出費を抑えようとしている飼い主さんたちの話を
あちこちで聞きます。

でも、愛犬は経済状況や不況なんてことはわかるはずもなく、、、
今まで定期的にトリミングしてもらい清潔な生活だったのに、人間
の勝手な理由でトリミングする間隔が延ばされてしまう。

トリミングする間隔が延びてもその間きちんと飼い主さんがお手入れ
をして常に清潔で健康維持できていれば問題はないけれど…
出費を抑えることばかり考えて、普段のお手入れはまったく考えてな
い飼い主さんが残念ながら多いようです。

知り合いのトリマーも、、、
「今まで3週間おきにトリミングに来ていたお客様が1ヵ月半とか2ヶ月
おきとかにくるようになって…その間まったくお手入れされてないようで
毛玉が全身にあって、伸びてボサボサになった毛に目ヤニやウンチが
ついていたりして汚れと臭いがあって…愛犬がかわいそうで…」
と、嘆いていました。

おやつを催促する愛犬を我慢させるのはかわいそうと言っているのに
毛玉があって汚れてボサボサになっていてもトリミングは我慢させて
いる飼い主さん…どちらの我慢が愛犬にとってつらいかよく考えてほしい。

料金的にもなるべく安いショップをと探していく飼い主さんも多く見られ
とにかくトリミング料金が安いショップにとジプシーしているようです。
まぁ、安いなりの理由があるんですがね。。。

それぞれの家庭で事情があるのはわかりますが、愛犬の立場になって
考えて欲しいと思います。


訪問トリミングのほとんどのお客様は、トリミング間隔が長いです。
2ヶ月おきとか3ヶ月おきとかにトリミングの依頼がきます。
経済状況とか不況とか関係なく始めからトリミング間隔が長いのです。

それはなぜかというと…
訪問トリミングでは、飼い主さんに日常の正しいお手入れをしっかりと
教えて実行してもらっているからです。
たとえ3ヶ月の間隔が空いたとしても、飼い主さんがしっかりとお手入れ
をしているので、毛玉があったり、汚れていたりしてかわいそうな状態
にはなっていないのです。
それどこところか、こんなに毛量があって被毛が伸びているのに、よく
きれいに清潔な状態を維持できているのかと飼い主さんのお手入れに
感心することがあります。

子犬の頃からずっと訪問トリミングしているトイプードルのあいびー君も
トリミング間隔は長いです。
2ヶ月半~3ヶ月おきの間隔でトリミングしています。
今回のトリミングも前回のトリミングから3ヶ月経っています。
ゲージのあいびー
あいびー君は体がちょっと大きめサイズで毛量が豊富なプードル。
3ヶ月の間が空くと、モコモコ被毛の子羊状態になります。
モコモコあいびー

その間は飼い主さんはブラッシング、シャンプーなどのお手入れは
もちろんのこと、爪切りや足先にバリカンをかけることもしています。

今回は、体や頭の被毛もカットしていたとのことです。
飼い主さんがハサミで被毛をカットしたら、大抵は見るも無残なザン
切りカットになるのですが、うまくカットされていました。
きっと、私がカットしているとことを毎回見ているのでカットの仕方が
わかってるのでしょうね。
でも、飼い主さんがカットしてこのモコモコ状態だから、まったくカット
していなかったとしたら…もっと伸びてモッサモサ状態になっていた
のでしょうね。。。
顔アップなあいびー

顔にバリカンのかけて全身を粗切りすると、子羊がプードルになりました。
これはシャンプー前の姿です…約1時間近くかかりましたが。。。
粗切りあいびー

今回は、これから冬の乾燥時期を迎えるので保湿効果を高めるために
トリートメントをしました。
乾燥すると静電気が起きやすくなります。
静電気は被毛にとって悪影響となりますから、保湿効果のあるリンスや
トリートメントでしっかりと抑えます。

冬の寒い時期になると、短くカットしていた愛犬の被毛を長めに残したり
するようですが、被毛を長くするとそれだけお手入れも時間がかかって
大変になります。冬は静電気や服を着させることによって毛玉の発生も
多くなります。
寒いからと被毛を長く伸ばす必要はなく、いつもの長さで問題ないです。
犬には季節や環境に応じて体温コントロールできる能力がありますから
病気や老犬でない限りあまり神経質にならなくてもいいでしょう。

あいびー君はマイナス気温の冬でも寒がることなく元気いっぱい!
トリミングでは一年中同じ長さの被毛にカットしてます。
今回ももちろん、短くスポーティーなラムクリップです。
ショートなあいびー

これでまた2,3ヶ月はもつでしょう。
次回あいびー君に会えるのは来年ですね。


トイプードルの福ちゃんもやはりトリミング間隔は長いです。
だいたい2ヶ月おきのトリミングです。
福ちゃんも毛量があって2ヶ月経つとモコモコ状態。
でも、お手入れされているので毛玉もなく被毛の状態も良好です。
モコモコ福ちゃん

福ちゃんも夏だから冬だからと被毛の長さを変えることはなく
いつも同じ長さでカットしてます。
すっきり福ちゃん

愛犬のお手入れは、健康維持のため飼い主さんが日頃するべきことです。
そのためには、自宅でできる正しいお手入れを知らなければなりません。
訪問トリミングでは、自宅でできるお手入れを飼い主さんに教えています。
トリマーは飼い主さんのお手入れのお手伝い、補助だと私は思っています。
愛犬の健康維持は飼い主さん次第です。

不況に関係なく、訪問トリミングはかえって経済的にいいのでは…?
経済的に一番負担がかからないのは、飼い主さんが自宅でお手入れ
することですから。
手間はかかりますが、愛犬にとっても自宅トリミングは負担が少なく、
費用もかからない。
訪問トリミングでは、トリミングの過程をしっかり見ていただき、正しい
お手入れもしっかりと教えています。

この不況の中、経済的な問題はそれぞれ家庭であると思いますが
愛犬にとって一番よいトリミングを今一度考えてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。