スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しいシャンプーを身につけよう!

訪問トリミングの目的は、、、

ひとつに、愛犬の負担を極力少なくすること!
いつも過ごしている自宅で飼い主さんのいる側でトリミング
することが一番愛犬の負担が少ないからデス。
愛犬も飼い主さんも安心してトリミングが受けられるのが
訪問トリミングの一番の良さです。

もうひとつは、愛犬に合った正しいお手入れを知ってほしいこと!
正しいお手入れをすることで愛犬の健康維持ができるので、
日常的に飼い主さんにしていただきたい。
正しいお手入れをしてもらうためには、プロであるトリマーが
お手入れの仕方を教えなければならない。
ところが、ショップだと飼い主さんに教えている余裕がまった
くない。
訪問トリミングなら、飼い主さんの目の前でトリミングするので
正しいお手入れを実際に見てもらえるし、指導もできる。

目の前で愛犬のお手入れが見れる!
プロのトリマーから直接お手入れの仕方を教えてもらえる!
訪問トリミングってとても魅力的だと思いませんか?

訪問トリミングは、正しいお手入れを指導するということが
メインになってきている今日この頃…


今回の訪問トリミングは「正しいお手入れを指導する」がメイン
で行ってきました。

1年ぶりの訪問トリミング…
フレンチブルドッグのちゅうちゃんデス。
ゲージの中のちゅうちゃん
なぜ、ゲージの中に入っているかというと…
1年ぶりに会ったちゅうちゃんは、あまりの興奮状態で落着いて
飼い主もりこさんとお話ができない状況でして、、、
ゲージの中で待機状態となってしまったのでした。。。


ちゅうちゃんの訪問トリミングは、今回で4回目。
(前回のちゅうちゃんはこちら→ 「適切なシャンプーを心がけよう」 )
アレルギーや皮膚病を抱えているちゅうちゃんのシャンプーは
獣医さんと相談しながら自宅で飼い主もりこさんがしています。

前回の訪問トリミングは、シャンプーの仕方を再確認するための
依頼でした。
最初は教えてもらったことを思い出しながら忠実にシャンプーしま
すが、時が経つにつれてだんだんと自己流になってしまうんです
よね。
だんだんと自己流になってきていることは飼い主さん自身が気づく
ことはなかなかできないので、定期的に訪問トリミングで正しい
シャンプーの仕方を再確認することは必要ですね。

今回の依頼も再確認なのですが、、、
飼い主さんからの要望でシャンプーは飼い主さん自身が行い、それを
わたしが見て、自己流になっているところやもっと良い方法などを適切
にアドバイスしてほしいとのことでした。

最初から最期まで飼い主さんがシャンプーをするのを見て間違いを指摘
したり、アドバイスをしてその場で飼い主さん自身が正しいシャンプーを
体で覚えていく方が絶対的に身について忘れませんよね!

今回の訪問トリミングは、、、
車の運転を覚える教習場のように、わたしは横で教官になって、飼い主
もりこさんのしているシャンプーを見ながら指導をしました。

これからシャンプーされるちゅうちゃん…少し不安気な様子。。。
浴室の中のちゅうちゃん

今回はラファンシーズではなくて病院から処方された薬用シャンプーを使用。
アレルギーと皮膚疾患の治療のため、症状が治まるまで薬用シャンプーで
シャンプーしているとのことです。
シャンプーされるちゅうちゃん

薬用シャンプーは、泡立ちがすごく悪いんですよね。。。
以前、ラファンシーズのシャンプーを使っていたちゅうちゃんだったので
泡立ちの悪さがかなり気になるようです。
きめ細かい泡を立てようと一生懸命揉み洗いする飼い主もりこさん。
シャンプー指導中のちゅうちゃん

かなり力を入れてモミモミ洗っているのですが、なかなか泡が立ちません。
そこで、薬用シャンプーでも泡立ちがよくなるシャンプー法を伝授!
動物病院で働いていた経験を生かしての薬用シャンプーの使い方が役に
たちましたよ。

前回の訪問トリミングから1年経っていますから、その1年の間にわたしの
シャンプーの仕方もかなり進化してきています。
被毛や皮膚に良いシャンプー法を常に研究していますから、最初に指導
した洗い方と変わっているところはあるのです。
今回は、もちろんその進化したシャンプー法をもりこさんに指導しました。
すると、力を入れなくても滑らかな泡が立ち、ちゅうちゃんも気持ち良さそう
気持ち良さそうなちゅうちゃん

飼い主もりこさんがシャンプーで一番の難関が「顔洗い」とのこと。。。
顔にシャワーがかかるのことをかなり嫌がり抵抗するちゅうちゃん。
そこで、小さなタオルを使って顔洗いをすることをアドバイスしてみました。
タオルを使うと抵抗することもなく大人しく顔を洗われているちゅうちゃん。
顔洗いのちゅうちゃん

「タオルを使うっていいですね!これでシャンプーするのが楽しくなってきました」
と飼い主もりこさんは大喜びです。
そうなんですね…プロのわたしが顔を洗うときは、愛犬は大人しくしている
けど、実際飼い主さんがすると暴れたり嫌がったりすることがほとんど。。。
「こうしてください」と強引に指導するのではなく、飼い主さんが無理なくできる
ような方法を考えてアドバイスするのがプロのわたしの役目なんですよね。
何でもプロのやり方を教えるのがいいというわけではないことを今回わかりました。
毎回訪問トリミングして学ぶことや気がつくことがあります。

シャンプー指導していると、少しづつ入り口に向かって移動しているちゅうちゃん。
なんとか隙を見て浴室から出ようと思っているみたいです。。。
どアップのちゅうちゃん

薬用シャンプーのすすぎです…今回はリンスはしないとのこと。
皮膚疾患の経過を正確に見るため、薬用シャンプーだけの使用とのこと。
すすぎはとても大切!
特に皮膚疾患を抱えている場合は、念入りに時間をかけて完全にすすぎ
をしてくださいね。
すすぎのちゅうちゃん

ちゅうちゃんのように超短毛犬種はドライングはとても簡単で短時間で
終わります。
でも、短毛犬種だからってタオルでゴシゴシと拭かないで下さいね。
ドライヤーは温風ではなく、冷風でドライングしましょう!
タオルの中のちゅうちゃん


さてさて、その仕上がりは…真っ白なツヤピカ被毛になりました。
仕上がりちゅうちゃん
ツヤピカ被毛になったけど、ラファンシーズを使用したときのような
しっとりとした滑らかな保湿のある被毛にはならないのが残念。。。
薬用シャンプーは、皮膚のことしか考えてないシャンプーだから、
被毛のことはまるっきり考えられてないんです。
薬用シャンプーを使い続けていると、ダメージを受けてパサパサした
被毛になってしまうのが難点。。。
飼い主もりこさんもなんとかラファンシーズを使えるようにちゅうちゃん
の皮膚の状態が一刻も早くよくなるよう治療をがんばっています。

今回、飼い主もりこさんからこうした指導の訪問トリミングの要望を
受けたのは理由があったからで、、、
もりこさんはめでたく結婚をされ、だんな様の実家がある函館に住む
ことになり…函館は同じ北海道でも訪問トリミングの依頼があれば
すぐに行ける距離ではないので、今しっかりと正しいシャンプー法を
身につけて安心して函館に行きたいとの想いからの依頼でした。
もりこさん、本当にちゅうちゃんのことに勉強熱心で頭が下がります。。。

今回、最初から最期までもりこさんがシャンプーして、アドバイスした
やり方をしっかりと覚えることができたようで、、、
「これで安心して函館に行くことができます」と喜んでいました。

安心してもらえ、喜んでもらえてよかったです。
こうした指導やアドバイスができるのは訪問トリミングならではですよね。

気軽に会えなくなってしまうのは淋しいですが、同じ北海道ですからまた
会うこともできるし、訪問トリミングだってできないことはありませんから。

飼い主もりこさんの腕の中で気持ち良さそうに寝ているちゅうちゃん。
この顔に癒されますね~
おやすみちゅうちゃん

もりこさん、だんな様とちゅうちゃんとお幸せに~(^.^)/~~~
またお会いしましょう~~~~!!!

ちゅうちゃんのブログはこちら→「ちゅっちゃん日記」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。