スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまかせカット

カットスタイルは飼い主さんの好みや希望を聞いて、なるべく
その要望に応えるカットをしていく。
時々、飼い主さんの希望や要望のカットスタイルがどう考えて
もおかしくバランスが悪いスタイルだったとしても、その希望通
りにカットする。

多いのは、きれいにカットされている写真が載っている犬の雑誌
などを持ってきて「このワンコと同じカットをしてください」と要望す
る飼い主さん。
同じ犬種でも、毛質や毛量、ボディスタイル、顔の形などが違う
からまったく同じスタイルになるわけがない。
その違いを説明しても納得せずに強引にして欲しいとお願いされ、
なんとか同じく見えるようにカットしても「ぜんぜん違う!」と文句
を言う飼い主さん。

ショップで働いていた若かりし頃は、このようなことを多く経験しました。

私たち人間だって同じことがあてはまる。
美容師さんに人気の歌手や女優の髪型と同じにしてと言うお客さん。
髪質が違うし、第一顔がぜんぜん違うから同じ髪型にしたとしても
その歌手や女優に見えるわけないし…似合わないと思う。

人間も犬も自分の髪質や毛質に合わせて手入れのしやすいカット
スタイルにした方がいいと思う。
いくらステキなカットスタイルにしたとしても、日常的に自分でまたは
飼い主さんが手入れできないカットスタイルは困りますよね。

私の場合は、飼い主さんの好みや希望を聞きつつも、愛犬が快適
で過ごしやすく手入れがしやすいカットスタイルをアドバイスします。
快適なカットについてはこちらの記事を→ 「愛犬のために快適にカットを」

カットスタイルにこだわっている飼い主さんがいる一方で、まったく
気にしない「おまかせカット」の飼い主さんもいます。
飼い主さんの希望するカットスタイルを聞くと「トリマーさんにまかせる」
という飼い主さんです。
これは要望がないのでトリマーが楽にカットできるように思いますが、
けっこう落とし穴があるんですよ。

まかせてくれたからと愛犬に似合うと思うカットをしたのに、、、
「こんなに短くなったの~!」
「もっと耳の毛を長くして欲しかった」
「顔の形はもっと丸いほうが似合うのに~」
などなど、飼い主さんの不満がでてくることもある。
それなら、おまかせカットではなく、なぜ好みや要望を言わないのだ?
と矛盾を感じることもけっこうあった。

訪問トリミングは、飼い主さんの目の前でカットしますから、その場で
カットスタイルを見て確認してもらうので、そのような問題は起こりにくいです。



生まれてはじめてのトリミングからずっとお付き合いがある
トイプードルの福ちゃん
夏なのでいつもより少し短めにカットをしました。
福ちゃん夏カット

今回は福ちゃんの飼い主さんのご両親が飼っている愛犬もトリミング
して欲しいと急遽お願いされました。
ミニチュア・シュナウザーのイチゴちゃんです。
しばらくトリミングしていないのかと思うくらいボサボサ伸びている被毛…
特に顔の被毛がとてもボサボサ状態…視界が悪そうですね。。。
トリミング前イチゴ

どのようなカットスタイルを希望するかと聞くと…「トリマーさんにおまかせ」
とのこと。。。
初めてのワンコでおまかせというのはけっこう困るのです。
トリマーがかわいいと思っても飼い主さんが似合わないと思ってしまうこと
だってありますから。
どのようなカットスタイルが好みで気に入ってくれるか、初めてのワンコと
飼い主さんではわからないので不安はあります。

初めてのワンコでおまかせという場合は、いつ頃トリミングしたのか、
家でのお手入れはできているのかというのがポイントになります。
どのくらいの間隔でトリミングするのかとうことがわかれば、次回のトリミング
まで愛犬が快適に過ごせるような被毛の長さを考えてカットします。
家でのお手入れができないのであれば、これも次回のトリミングまでもつれ
や毛玉ができないようなカットスタイルを考えてカットします。

イチゴちゃんも福ちゃんと同じく1ヵ月半くらいの感覚でトリミングとのこと、
高齢の飼い主さんなので家でお手入れをしっかりすることは難しいという
ことで、イチゴちゃんの快適なカットスタイルは短めのペットカットになりました。
トリミング後イチゴ
シュナウザーのカットの特徴は長いあごヒゲと長くてシャープな眉毛ですが、
お手入れしやすいことを考えて、あごヒゲも眉毛も短くカットしました。
なんと言っても、次回のトリミングまでイチゴちゃんが快適に過ごせるカット
スタイルにすることが重要なのです。
飼い主さんは「かわいくなった!次回もよろしくお願いします」と言っていました
ので、私のおまかせカットは気に入ってもらえたようです。

初めてのワンコの場合は、まかせられた私のカットを気に入ってくれるか
けっこうドキドキしているんですよ。

おまかせカットと言っても、何年もお付き合いのある愛犬の場合は問題
ありません。
愛犬の毛質や性格、飼い主さんのお手入れ状況やカットスタイルの好み
など長年のお付き合いでよくわかっているので「おまかせします」と言われ
ても困ることなくスムーズにカットできます。

例えば…
2年のお付き合いがあるトイプードルのハル君もみじちゃんも「おまかせします」
と飼い主さんに言われて毎回カットしています。
ハル君は、顔の被毛が伸びてくるとボサボサ状態になるのでなるべくスッキリと
カットします。
ビフォーアフターハル

もみじちゃんは、被毛が柔らかくもつれやすい毛質なので、全体的に短めにカット
します。
ビフォーアフターもみじ


生まれてはじめてのトリミングからずっとお付き合いのあるトイプードルのあいびー君
あいびー君のカットも毎回飼い主さんと相談しますが、やはり「おまかせします」という
おまかせカットになっています。
今回は、夏向きに短めのスポーティラムカットにしました。
ビフォーアフターあいびー
あいびー君のトリミングはこちらでも→ 「ぼく、Ivy」

長年のお付き合いがあるからこそ、それぞれ愛犬たちと飼い主さんたちの性格や
好みなど十分にわかっているので「おまかせカット」も気に入ってくれます。

多くの飼い主さんから信頼され長年お付き合いできるようにこれからも訪問トリマー
としてがんばらなくっちゃ!

すべては愛犬のために。。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。