スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンプーの回数

飼い主さんからのよくある質問…
「シャンプーはどのくらいの間隔ですればいいの?」
と、シャンプーの回数について聞かれる。
また「あまり頻繁にシャンプーするのはよくないんですよね?」
とも聞かれる。

訪問トリミングに行ってシャンプーの回数について聞かれると
「週1回でもいいし、毎日でもいいし、臭いや汚れが気になったらすぐシャンプー
してあげてください。最低でも2週間おきにシャンプーしていただければ…。」

と答えるが、ほとんどの飼い主さんは
「えっ!そんなにシャンプーしてもいいですか?」と驚かれる。

一昔前は、犬のシャンプーは月に1回くらいの回数でよく、洗いすぎはよくない
と言われていました。
私もショップで働いていた若かりし頃のトリマー時代には洗いすぎはよくないと
飼い主さんにアドバイスしていました。

でも実はですね…
シャンプーの回数が重要なのではなく、回数は何によって決められるのか
ということがポイントなんですよ。

小次郎シャンプー

一昔前は、犬をシャンプーしてきれいにするという意識があまりなかった時代。
シャンプーも汚れと臭いさえ落ちればいいというだけのものだった。
強力な洗浄力のシャンプー剤なので、汚れと同時に皮膚や被毛に必要な
皮脂分までもすべて落としてしまうので頻繁に洗うことはよくなかったのです。

皮脂は毛穴から出て皮膚や被毛全体を覆い皮脂膜を作ります。
皮脂膜はバクテリアや菌などの増殖を抑えて皮膚トラブルの予防をする働きをする
とても必要な成分です。
洗浄力の強いシャンプー剤で洗うとこの皮脂膜がすべて根こそぎ洗い落とされ
過脱脂状態になってしまいます。
洗浄力の強いシャンプー剤で回数を多く頻繁に洗うと、常に過脱脂状態になり
皮膚と被毛に菌などが増殖する状態になりますから悪影響となるのでよくないと
言われていたのです。

今は、家族の一員として犬は常に一緒に暮らすことが当たり前となってきた時代です。
犬も人間同様常にきれいで清潔にしてあげたいとシャンプーする意識も高まってきました。

メイちゃんシャンプー



シャンプー回数を多くしても皮膚や被毛に悪影響がないようにと品質の
良いシャンプー剤が開発されました。
ただ単に汚れを落とすだけではなく、過脱脂状態にならず被毛も皮膚も
健康な状態を保てる良質なシャンプー剤です。

つまり、シャンプー剤の質の良し悪しによって逆に回数が決まるということ
になりますね。

人の毛髪と犬の被毛は構造と性質の点で言えばまったく同じ。
犬のシャンプー剤も人のシャンプー剤同様安全性の高い質の良いものであれば
人と同じく毎日洗っても問題ないことになります。

私が訪問トリミングで使っているシャンプー剤は、洗浄力がマイルドで過脱脂にならず
人の髪に使っても問題ないくらい質の良い製品なので飼い主さんにもオススメし
1週間または2週間おきにシャンプーして皮膚と被毛を清潔にしていただくことを
お伝えしています。

ポメのシャンプー



今や犬のシャンプー剤は様々なメーカーからたくさんの種類が出ていますが
皮膚や被毛に良い洗浄力がマイルドな安全性の高いシャンプー剤を選ぶことが
必要です。

愛犬の毛質が悪い、毛ツヤがない、パサつくなど問題があるのでしたら
それはもしかしたら、シャンプーの回数ではなくシャンプー剤の選択に
問題があるのかもしれませんよ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。