スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログをはじめて思うこと

2008年になりました。
昨年はブログにご訪問していただきありがとうございました。

今年始めのブログはちょっと気になっていることを
ぶっちゃけて書きます。


ブログをはじめてからたくさんの方からメールをいただきました。
メールの内容は一般の飼い主さんからトリミングやお手入れに
関することがほとんどです。

たくさんの方からのメールをいただくことはとてもうれしいこと
なのですが、みなさまの相談や質問に的確にお答えすることは、
かなり難しいことなのです。実際に見てもいないみなさまの愛犬
に対して、対応できる答えには限界があります。

例えば…
飼い主さんが「うちのワンコの毛質がパサパサで…」と相談されても
実際見て触れていないので、どのような状態のパサパサ被毛なのか
わからないので、毛質改善できるのかまた、的確な毛質改善の仕方
などの判断ができないのが正直なところです。

また…
「今までトリミングをお願いしていたトリマーさんに言われたのですが…」
と、言われた内容やしてもらったトリミングについて疑問を抱き、それが
正しいのか判断をしてもらいたいと相談されても、どのような状況で
そのトリマーさんがそう言ったのか実際に見ていない私には正しい判断
はできないでしょう。

飼い主さんの思い込みということもあるし、飼い主側の言い分ばかり聞いて
も偏った判断しかできませんし、間違った解答をしてしまうかもしれません。
お手入れやトリミングに関しても、メールの文章だけで説明するのはとても
難しく正しく伝わったのかわからないので、文章だけで答えることは本当に
悩んでしまいます。

また、飼い主さんは一発ですぐ改善する方法を求めたりします。
これをすればすぐよくなるとか解決するとかと言う答えを求めている感じが強く
1,2回やって目に見えて改善や解決ができなければ納得いかないみたいです。
もちろん、1回のお手入れやシャンプー法で目に見えて毛質が改善される
こともありますが、何度も何度も繰り返して1年くらいかけて毛質を改善しな
ければならないこともあるので、やはり見たこともない愛犬に対して文章だけ
で相談を受け入れることは難しいのです。

訪問トリミングのように、実際に愛犬を見て触ってお手入れの仕方を目の前
で見ていただき、その上で質問に的確に応え、アドバイスもできます。
正しいお手入れを知ってもらいたいですが文章だけでそれもメールのやり取り
だけというのは、無理が生じます。


でも…せっかく私を頼りに相談してくれたのですから何とか少しでも
役にたてればと、文章表現が下手な私はなるべく理解していただけるように
と時間をかけて長い長い文書で答えを送ります。

しかし…
ほとんどの飼い主さんからその答えに対しての返事というかお礼みたいな
メールが来ないのです。
聞きっぱなしです。。。
自分の名も名乗らず「教えてください」「お願いします」と一方的に送られて
くるメールが多く、一人一人にできる範囲できちんとお答えしているけど、
その後はまったくさっぱり音沙汰ナシ。
答えは送ったけど、それに対してどう思ったのか実行したのか結果は
どうなったのかまったくわからずじまい。。。
いきなり一方的に聞いといて、何も返事がナシというのはどうだろう。。。

私は飼い主さんのご機嫌取りなどしないし、ストレートに表現するタイプで
飼い主さんが求めていた答えでなく、キツイ文章に感じることがあると思うけど、
それにしても…
別にお礼が欲しいというわけではないが、お願いしてそれに答えてくれたら
何かしら返事するのが、人間として常識なのではないか!

このことは私だけ体験しているのかと思い、友人トレーナーに相談したところ
やはり友人もホームページやブログを見たからとしつけやトレーニングに関して
相談メールがくることがあるのだが、それに答えた返事がほとんど返ってこない
そうだ。。。
そう、聞きっぱなしなのだ。

今時の飼い主さんって。。。

日本の飼い主のモラル低下が問題になっているが、このようなメールの
やり取りでもモラル低下がよくわかる。

もちろんすべての飼い主さんがそうだというのでなく、中には丁寧な文章で
送ってきて、答えると必ず返事を送ってくる貴重な飼い主さんもいます。

これが実は、飼い主さんだけではないのです。
同業者のプロのトリマーさんや専門学校の学生さんからもよく相談やアドバイスが
欲しいとメールをいただくのですが、やはり飼い主さんと同じく時間をかけて答えを
書いたメールの返事がまったくなく、その後音沙汰ナシが多いのです。

まぁ、私はプロのトリマーなんだから一方的に聞くだけではなくプロらしく考えて
欲しいと同業者には厳しい目を持っていますので、かなりキツイ答えをしていますが…
それにしても、聞きっぱなしはないだろう。

日本のトリマーもモラルや一般常識が低下しているのかも。。。

年頭からかなりキツイ内容になってしまいましたが、今後すべての相談や質問に
答えられないと言うことではありません。
それぞれ愛犬について個人的な質問にはなかなか答えることは難しいですが
例えば「シャンプーの回数は?」とか一般的な質問には答えられますし、
ブログ記事として取り上げることもできます。

プロだからこそ、必ず自分の目で見て実際に触った場合ではないと
答えやアドバイスしたくないのです。
実際に見ても触ってもいない愛犬に対しては責任は持てませんから。


このような体験をして、私自身が気がついたこと…
「私はきちんと感謝の気持を伝えているのか?」
私も誰かにお願いをした時や手伝ってくれて時に感謝の気持でお礼を
しているのか振り返ってみた。

最近テレビや本でも「感謝すること」を日本人は忘れてきていると言っている。
当たり前だと思っていても病気になって初めて普通に暮らしていることが
幸せだと気づく。
病気になることもなく一日を無事に終えることができたことに感謝の気持を
持つことが大切。

当たり前でなく、常に感謝の気持を持つことを今年1年は心がけよう。


ブログに訪問していただいた方に、ありがとうの感謝。
訪問トリミングの依頼をしていただいた飼い主さんにありがとうの感謝。
愛犬の老犬プードルと一緒に何事もなく無事に暮らせた一日に感謝。


今年もこのブログでは言いたい放題させていただきますが、感謝の
気持ちを忘れずにがんばります!

みなさんも感謝の気持を忘れずに。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。