スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末トリミング

トリマーが一年で一番忙しいのは、一年の最後の月…そう12月。
12月はトリマーにとって多忙で稼ぎ時なのです。
特にクリスマス明けの年末時期になると、通常の倍以上の頭数をトリミング
することになり、昼食をとる時間はほとんどなく、トイレに行くこともできなく
なるくらい忙しくなる。

年末トリミングの忙しさは、日本だけのこと。
日本人にとって新年の幕開けのお正月は特別なことだ。
そのお正月を迎える準備として年末に大掃除をする習慣が日本にある。
今年一年分の汚れを落として、新年を気持ちよく迎えるという年末の大掃除。

年末大掃除は家の中だけでだけではなく、愛犬もきれいにして新年を
迎えようと、年末大掃除の延長でトリミングにやってくるのだ。
年末大掃除感覚なので、普段あまり手入れやトリミングされたことのない
愛犬たちもやってくる。
普段、飼い主が手入れやシャンプーしていても、年末だけは特別でトリマーさん
にきれいにしてもらおうと愛犬を連れて飼い主がやってくる。
お正月は出かけたり来客が多かったりするので、愛犬もきれいにしなければと
トリミングにやってくることも多い。
予約なしで突然やってきて「すぐシャンプーしてくれ」という勝手気ままな飼い主
も多い。

普段トリミングに来ない犬たちも年末になるとやってくるので、トリミング頭数が
増えて忙しくなるのだ。

ショップに勤めていた若かりし頃は、年末のトリミング室は戦場になっていた。
一日平均7,8頭トリミングしていたショップが、年末は一日30頭もトリミングする。
普段よりも倍以上の頭数がトリミングにやってくるので、当然普段働いている
トリマーの人数だけではこの頭数はこなせない。
そこで、毎年年末になると専門学校に応援を頼んで、トリマーの卵の学生達が
バイトでやってくる。
学生達は、ひたすらブラシッング、爪切り、シャンプー、ドライングをする。
私たちプロトリマーは、学生達がシャンプーやドライングした犬をひたすらカットする。
次から次へとトリミングにやってくる犬たちを、ベルトコンベアー式で学生とトリマー
が作業分担してトリミングをこなしていく。
シャンプー担当の学生達の手はあかぎれで痛々しくなり、トリマーはカットの
し過ぎで腱鞘炎になってしまう。
年末のトリミング室は、たくさんの犬とたくさんの人で埋め尽くされ、たくさんの
毛が舞う中でトリミングしている。
次から次へとやってくる犬たちを時間に追われながらトリミングしていくので、
犬の負担とか気持ちとか考えたり気を使ったりする余裕なんてなく、あまりの
忙しさでイライラしながらトリミングしていた。

戦場のような年末のトリミングをしながら、もし自分の愛犬なら絶対に年末
トリミングにはお願いしない!なんて思っていた。
こんな状況では、愛犬は物扱いされ嫌な思いもしてとてもかわいそうだと思った。

そこまでして年末にトリミングをしたいのかっ!!!

部屋の大掃除も年末トリミングも普段からきちんとしていたら、慌てて
年末に一気に掃除やトリミングをしなくてもいいのではと思う。
お手入れは愛犬の健康のために普段からすることだ。
普段からお手入れをしていれば、年末に大掃除感覚でトリミングしなく
てもいいと思う。

訪問トリミングは、年末だからといって普段の倍以上に忙しくなることはない。
みなさん、日頃からきちんとお手入れしているし、年末の忙しくなる前か
年明けの来年にトリミングを依頼してます。

いつも定期的に訪問トリミングしているお客様たちは、今月も早々と
予約をいただき、年末前にトリミングしてきました。
ハル(年末トリミング)


もみじちゃん(年末トリミング)


ミック(年末トリミング)


福ちゃん(年末トリミング)


あずき(年末トリミング)


チェロ君(年末トリミング)


いつも定期的に訪問トリミングしているお客様の愛犬たちは、今月もいつもと
変わりなくトリミングしています。

訪問トリミングは時間に追われることもなく、お正月も年末もゴールデンウィーク
も関係なく普段通りに愛犬の負担を考えてトリミングしています。

訪問トリミングは普段と変らず、年末だけどぜんぜん忙しくないのですが、、、
毎年年末になると、友人のショップや知り合いの動物病院からトリミングの
助っ人として要請があるので、忙しい年末を送っています。
トリミングの助っ人するのはかまわないけど、シャンプー時間を短くとか
お正月用のリボンを付けてとか要求されるのでかなり困っていますが。。。

今月号のある雑誌で
「愛犬も部屋もさっぱり 年末犬大掃除」と特集していた。
”家中の大掃除が終わったら、愛犬の体もすっきりさせてあげましょう”と、
爪切りやシャンプーの仕方が載っていた。
やはり、日本中が愛犬も大掃除だと習慣になっているんですね。
命ある生き物に大掃除っていう感覚はどうだろう?
…で、最後に”お正月前にいつもと違ったおしゃれスタイル”と、
体あちこちにお正月の飾りをつけられ、ボディペインティングまで
された犬たちが載っていた。。。

げっ!これって…
健康管理のためのトリミングを目的としている私はこれを見て絶句…
気持悪い。。。
正月だからってそこまでする必要があるのか?

犬には、お正月だからと特別な意識はないです。
飼い主の満足のために無理やり着飾られて迷惑しているのでは?

年末だからお正月だから特別にトリミングするのではなく、普段から
健康のためにお手入れしてきれいに清潔にしてあげてください。

愛犬の負担を考えて、できれば混み込みの年末ではなく年末前か年明けの
トリミングを依頼していただければと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。