スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しいお知らせ。。。

前回の記事でも紹介しましたが、病気を抱えている高齢犬の
訪問トリミングの依頼が増えています。

トリミング後もあまり疲れた様子はなく普段と変らず元気だと
飼い主さんから喜ばれています。
訪問トリミングは、体力的にも精神的にも負担が少ないので
高齢犬や病気を抱えている愛犬にはとてもいいのです。

このブログでも何度か紹介したマルチーズのうめちゃんも、
14歳の高齢犬で「僧帽弁閉鎖不全症」という心臓病を抱えています。
かわいいウメちゃん
 

うめちゃんの記事はこちら→ 「高齢犬のトリミング」

訪問トリミングに行くたびに、やせ細り被毛が薄くなっていくうめちゃん。。。
あきらかに老化と病気が進んでいる状況がわかり、とても心配でした。

暑い暑い夏をなんとか乗りきったうめちゃん。

そろそろ、うめちゃんのトリミング時期かなと思っていたら…
先月の末に、飼い主さんから悲しいお知らせがありました。
「とうとう、うめ 力尽きてしまいました。
まだ、なんとなく実感がないような感じですが、
涙だけはボロボロ出てくるので困ってます。」


うめちゃんは天国に召されてしまいました。 

ショックでした。。。
まさかうめちゃんが…涙が出てきました。

お花を持ってうめちゃん宅を訪れました。


うめちゃんが亡くなる前の数日間は大変だったと聞きました。
昼はピクリとも動かないくらいずっと寝ていて、夜になると起き出し
部屋中を徘徊したそうです。
狭い隙間に入り込んで出れず鳴きつづけることもあったそうで…
痴呆症状が数日間あったそうで、飼い主さんの精神的なダメージ
は大きかったようです。

リラックスできるお家で大好きな飼い主さんに看取られ
安らかな最期を迎えたうめちゃん。

ベッドが置いてあった場所にベッドがない…
飼い主さんを追ってチョコチョコ歩いているうめちゃんがいない…

涙が出てきました。。。

飼い主さんのほうが何十倍も悲しくて淋しいのに…
何も気の利いた言葉をかけてあげられなくて…
トリマーとして情けない。。。


元気な頃のうめちゃんの写真を見せてもらいましたが、
とてもイキイキとした表情で楽しそうで幸せいっぱいの
感じがしました。

うめちゃんとても幸せで精一杯生きたんだと思います。

少しでも負担がかからないストレスにならないトリミングを
最期にうめちゃんにしてあげれてよかった。

高齢犬や病犬の訪問トリミングの依頼が増えるということは、
このような悲しいお知らせも多く体験することになる。
悲しくてつらいけど、でも少しでも負担にならないトリミングを
するために訪問トリミングは続けていきます。

高齢犬のために。。。病犬のために。。。。


お部屋に飾ってあった遺影写真のうめちゃんはとてもかわいい!
訪問トリミングして1ヵ月後に撮った写真だそうで、この写真が
うめちゃんの最期の写真に…
悲しみの中、最期の写真だと飼い主さんが送ってくれたうめちゃんです。
最期のうめちゃん



うめちゃんと出会えて、トリミングすることができてうれしかったよ。

うめちゃん、ありがとう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。