スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢犬のトリミングPart2

以前、ブログで紹介した高齢犬のマルチーズのうめちゃん
訪問トリミングに行ってきました。

(うめちゃんの記事はこちら→ 「高齢犬のトリミング」 )

前回訪問トリミングに伺ったときのうめちゃんは、体調があまりよく
ない状態だった。
とても痩せて被毛が薄くなっていたのが気になる。。。


今回のうめちゃんは… 
食欲もあり体調は安定しているらしい… よかったぁ~

2ヶ月ぶりのうめちゃんは…
さらに痩せて…さらに被毛が薄くなっていた。。。
うめちゃんトリミング前


前回よりもとても歳をとっているように見えるけど…

前回は、痩せている体を少しでもフワフワに見えるようにと長めの
カットをしたのですが、
今回は、被毛を短くカットをしました。
長い被毛だと、もつれができやすくブラッシングなどお手入れも
大変になり、老犬の体に負担がかかります。
見栄えよりも、いつも清潔でいられるようにお手入れのしやすい
短いカットのほうが老犬にはベストですね。

今回も飼い主さんにずっと側にいてうめちゃんを支えてもらいながら
時間をかけずスピーディカットでした。
老犬のトリミングは、無理せず負担をかけず手早くすることです。


短くカットしたうめちゃんは…こんな感じに。。。
うめちゃんトリミング後



とても痩せて骨がゴツゴツしていて、なんだか痛々しい感じがします。
被毛もかなり薄くなっていて、短くカットしたら背中の皮膚がまる見え…
やせているうめちゃん



痩せるのも被毛が薄くなるのも老化現象だとわかってはいるけど
トリミングで実際に触ったりすると、なんだか切なくなりますね。

犬は人間の4倍くらいの速さで歳をとるので、たった2ヶ月でも
老化がかなり進んでいるのがわかります。
うめちゃんリビングにて



飼い主さんが言っていました
「訪問トリマーさんがいてよかった~。もし、訪問トリマーさんが
いなかったら自分でトリミングしていますよ。」


高齢になると、病気の発症も多く体力も低下してストレスにも弱くなる。
そんな状態の老犬を長時間ショップに預けてトリミングしてもらうのは
とても心配で不安だと思います。

訪問トリミングなら、一番リラックスできるお家で飼い主さんの側で
トリミングしてもらえるので安心です。
トリミングが終わると、ゲージの中で飼い主さんが迎えに来るのを待つ
よりもすぐお気に入りのいつもの場所でリラックスできるから、精神的
な負担は少ないのです。
横になるうめちゃん



「今まではトリミングが終わってショップから帰ってくると、翌日まで
グッタリとしてごはんを食べる元気もなかったんです。
でも、訪問トリミングでは、トリミング後も普段とまったく変わらない
ので安心してお願いできます」

と、飼い主さんが言っていました。


人間の訪問介護があるように、老犬には訪問トリミングが必要です。
これからの犬の高齢化社会に向けて訪問トリミングしていきます!



うめちゃんのような高齢犬と暮らしている飼い主さん、
愛犬の老後のことを考えている飼い主さんへお知らせです。

札幌で獣医師による老犬についてのセミナーがあります。

10月14日 18時30分~ 札幌男女参画センター3階大ホール
「老犬とのかしこい暮らし」
臨床現場から見た老犬との暮らし
行動の変化を見過ごさないで!
最期まで悔いなく共に生きるには =動物医療の立場から=


参加無料 事前申し込み不要

詳細はこちら→ 「市民公開セミナー」

老いた愛犬がゆっくりで幸せと感じる時間をこれから飼い主として
どう一緒に作っていくかを考えてみませんか?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。