スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お手入れ講習会を終えて…

レクチャールーム“Paw'er”「お手入れ講習会」が無事終了しました。
いつものレクチャーと違い、お手入れは私の本業なのでいつも以上に
熱くそして力が入りましたよ!

お手入れ講習会



お手入れ講習会は、今後力を入れて本格的に取り組みたいこと。
訪問トリミングを始めた理由も実はそこにある。

一昔前のこと…
ペットショップのトリマーとしてバリバリ働いていた若かりし頃は、
グルーミング(お手入れ)はプロのする仕事だと思っていた。
その当時は、飼い主さんが連れてくるワンコはほとんどもつれや毛玉
があり、汚れていて体臭もきつかった。
飼い主さんが自宅でブラッシングしていてももつれや毛玉ができ、
シャンプーなんかされてしまうとかえって毛玉がひどくなり、
ショップに連れてきた時には最悪な状態でバリカンでツルツル状態に
しなければならないことも多かった。
「こんなことなら長毛犬種飼うなよ!」と怒っていたこともあった。

当時、若かった私は…
「ブラッシングもシャンプーもプロの仕事なんだから、素人の飼い主が
きちんとできるわけないじゃない!勝手にシャンプーしないでほしい」

なんて思っていた…というより、ほとんどのトリマーがそう思っていた。

飼い主さんにも、
「ご自宅でシャンプーするともつれや毛玉がかえってひどくなりますので
しないようにお願いします。とにかく定期的にトリミングに来てください」

と、言っていたりした。

もつれや毛玉があると、毛玉をほぐすのに時間がかかり犬にとても大きな
負担になってしまう。
毛玉をほぐすことは、ある程度被毛を引っ張る行為になるので痛みを感じて
しまうこともあり、犬にとってはとてもツライ。
自宅で何も知識がない状況で無理やり強引にブラッシングや爪切りを
する飼い主さんもいるので、これまたかえってお手入れ嫌いにさせて
しまうことになり、ショップでもトリミング時に大暴れして嫌がる犬
になってしまう。

こんな状況から、自宅で飼い主さんがお手入れをすることに賛成ではなく
毛玉ができる前に、汚れて臭う前にショップに連れてきてほしいと思っていた。


しかし、今ではまるっきり反対の考えになった。


なぜお手入れをするのか?
愛犬がいつも清潔で快適な生活を送る=健康管理
健康管理のために欠かせないのがお手入れ!
その健康管理をするのは飼い主の責任であり日常的に行うこと。
つまり、飼い主さんが愛犬の健康管理のために日常に行わなければなら
ないのがお手入れということになる。

お手入れによって愛犬の体の隅々まで触れることになるので、何か異常
があると外側から見ただけではわからないことも発見できます。
そうです、早期発見早期治療ができます。

トリミング中にケガや病気をよく発見することがありますが、飼い主さんは
「あれ~、まったく気がつかなかった」と驚きます。
でも、普段からお手入れをきちんとして体に触っていれば気がつくことです。
飼い主さんが普段のお手入れで気がつけば、もっと早く治療ができるので
犬はそれだけつらいことや我慢をすることはなかったのではと思うことが
度々あります。

だからこそ、飼い主さんが愛犬のためにしっかりとお手入れをしなけれ
ばならないのです!
しかし、今までのように飼い主さん自己流お手入れではもつれや毛玉を
つくり、健康どころか不健康になってしまう…
そう…飼い主さんに正しいお手入れ法をマスターしてもらう必要がある!
プロのする仕事だから飼い主さんはお手入れをしないでなんて言って
いる場合ではないのだ。
正しいお手入れ法をしてもらうためにプロとして指導しなければいけ
ないと考えたのです。

ショップで仕事となると、次から次へと来る犬のトリミングに追われて
時間的な余裕がなく、飼い主さんに指導したりトリミングを見てもらう
ことは無理…。
訪問トリミングなら飼い主さんにトリミングを最初から最期まで見て
いただき、正しいやり方を教える時間的余裕もある。
それに、お手入れ嫌いにさせない、お手入れに慣れさせるやり方の
アドバイスもできる。

飼い主さんが正しいお手入れをしていただくと、私たちプロもとても楽
に時間をかけずにトリミングできるのです。
被毛が健康できれいでもつれや毛玉がまったくない状態で大人しく
どこを触られても嫌がらないと、トリマーも犬も負担は少なくスムーズ
にトリミングができます。

だから、たくさんの飼い主さんに正しいお手入れ法を知ってもらいたい
と訪問トリミングの他に講習会活動を始めているのですが…
今回の講習会は予想以下の参加人数で残念な思いが残ります。

昨年、東京でお手入れ講習会を開催した時は、予想以上のたくさんの
参加者が集まり大盛況でした。
関西方面からわざわざ参加していただいた方もいたくらいです。
いまでも、関東や関西地方の方から講習会をして欲しいと問い合わせが
来るのですが、地元北海道では…
今まで、北海道の方から地元でも講習会して欲しいとの問い合わせは
まったくなし。。。

ブログの記事を参考にしてお手入れをしていますという方がいますが
写真や文章だけで果たして正しいやり方ができているのだろうか?

揉み洗いってどのように指や手を使って洗うかわかります?
クリーミーな泡がどんな泡なのかわかります?
ぬるま湯ってどのくらい冷たいお湯かわかります?
すすぎは長い時間かければいいということではないのだけれど…
健康な被毛の状態ってわかります?


訪問トリミングに行って実際にお手入れを見せるとほとんどの飼い主
さんは驚きます。
ブログ記事を参考にしてお手入れはしていても、実際に見て体験する
のとではまったく違いますからね。
ブログ記事を参考にしても思い込みや勘違いばかりで結局は飼い主
さんの自己流になっていますから。

一度、訪問トリミングで愛犬の健康な被毛の状態を見て触ってわかって
欲しいと思います。
それぞれの犬種や毛質によってお手入れ法は違ってきますから、愛犬に
合ったお手入れ法を実際にわかっていただきたい!
一度健康な状態がどんな被毛なのかわかると、自宅で飼い主さんが
シャンプーをした時でも、泡立て方が足りなかったとか、すすぎが
完全ではなかったとか判断できますから。

講習会楓このシャンプー



北海道の飼い主さんは関東や関西の方たちと比べると、意識が低いの
かもしれませんが…思い切って訪問トリミングや講習会を受けていただ
ければと願っています。

これにめげず、飼い主さんに正しいお手入れ法を伝えていくために
活動していきますよ!
それが私の使命なのだぁ~!!!


お手入れ講習会の開催様子はこちら→  「Paw'er」 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。