スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子犬の初シャンプー

トレーナーそのっちさん宅に訪問トリミングに行ってきました。

そのっちさん宅の愛犬に日本テリア透風(スキップ)ちゃんがいます。
日本原産の犬種なのに日本では頭数が少なく希少犬種になっています。

我が家にもお泊りしたことがある日本テリアの透風ちゃん
透


今回の訪問トリミングは透風ちゃんではなく、透風の子供たちなのです。
それぞれ決まった新家族の元へ旅たつ前にきれいにしようとシャンプー
しきました。
すきっぷっ子の初シャンプーです。

子犬の生まれて初めてのシャンプーはすご~く気を使います。
なにしろ子犬にとっては、体にシャワーをかけられるのも、ドライヤーを
かけられるのも生まれて初めての体験ですから、不安と恐怖でいっぱい
になります。
この初めてのシャンプーやトリミングで不安と恐怖が記憶に残るような
ことをしてしまうと、今後のトリミングにかなり影響が出てシャンプー
嫌いやトリミング嫌いのワンコになってしまう可能性が高くなります。

子犬の初シャンプーは、そりゃあ気を使いますよ~~~!!!
子犬のトリミングは、「痛み」 「振動」 「音」 「束縛」 など
記憶に残る苦痛ををなるべく与えないように注意しなければならない。

ですから、子犬のシャンプーやトリミングは、犬の扱いが上手く負担を
かけずにすばやくできる経験のあるベテラントリマーさんにお願いする
べきなのです。
しかし、残念なことに子犬は体が小さいし被毛も伸びてないからカットも
必要ないし、シャンプーするだけなら簡単だと思って経験の少ないトリマー
や見習いに子犬の初シャンプーをまかせるショップが多いんですよね。。。

今まで訪問トリミングで子犬の頃からの付き合いで初トリミングをした
ワンコがたくさんいますが、どのワンコもトリミング嫌いにはなっておらず
シャンプー好きやブラッシング好きになっているワンコもいるくらいです。


透風ちゃんの子犬は3頭で、人見知りは一切せずとってもフレンドリー♪
生後80日の日本テリアの子犬たちです。
SKIP っ子2


遊び盛りの子犬だからじっとしているわけもなく、カメラを向けると
わらわらと寄ってきてなかなか写真が撮れません…。
SKIPっ子



さ~て…キミたち初シャンプーだよ~どの子からしようかな~?


朝シャンができる洗面所に滑り止めのシートを敷いてシャンプーです。
無香料&無着色の低刺激性で保湿効果タップリのラファンシーズの
スーパーナチュラルシャンプーを使いました。

親指を使って皮膚をマッサージしながら泡立てて洗います。
アワアワSKIPっ子


顔もしっかりと洗います。
SKIPっ子シャンプー


う~ん、カメラ目線…余裕があるの?
SKIPっ子シャンプー2


初めてのシャンプーだから怖くてイヤイヤ暴れたりするけど、優しく声を
かけながらすばやく時間をかけずに行います。
カメラ目線のSKIPっ子


短毛種だからこそすすぎはしっかりと!
動くSKIPっ子


固まって動けなくなっています…
アップSKIPっ子


シャンプーがが終わったとホッと安心したようなお顔ですが…
この後ドライヤーが待っているんだよね。。。
抱かれるSKIPっ子


シャンプー後はタオルでしっかりと水気をとります。
タオルドライのSKIPっ子


タオルで拭いていると、兄弟犬たちがわらわらとやってきた…
次は君たちがシャンプーされるんだよ。。。
そうとも知らず、タオルドライされている兄弟を見てはしゃいでいる(~_~;)
タオルドライのSKIPっ子2


ドライングは、ドライヤーの冷風をあてて全体的に乾かします。
ドライング中のSKIPっ子


日本テリアのような超短毛種に温風を当ててはいけません。
冷風で乾かします。
ドライング中のSKIPっ子2


ドライヤーの風や音にビビリはじめたので、そのっちさんに抱いてもらい
ながらドライングしました。

同じ親から生まれ同じご飯を食べ同じ環境で育ったのに、3頭それぞれ
まったく性格が違うんですよ。
固まってまったく動けなくなってしまう子、最初はイヤイヤしたけど
すぐあきらめて大人しくなってしまった子、キャンキャン鳴いてジタバタ
最期まで暴れた子…など…面白いですね!
特に、男の子はとてもへっぴり腰でシャンプーもドライヤーもキャンキャン
鳴いてましたからね…全体的に男の子って弱虫さんが多いみたい。。。

初シャンプーは、子犬にはとにかく不安でいっぱいで、暴れたりキャンキャン
鳴いたり、ジタバタ動き回ったりするのは当たり前。
だからと言って「ダメ」だとか「ノー」とか「暴れるな」とか強い口調で
言ってしまうと逆効果でさらにシャンプーが恐怖になります。
暴れても押さえつけたり強い口調で何かを言ったりしないように気を
つけましょう。


シャンプー後は白い被毛が真っ白に、黒い被毛は黒光りになりました。
きれいになっていつでも旅立てますよ!
元気なSKIPっ子


初シャンプーで疲れたかなと思っていたら、そこは子犬…
シャンプー後のお互いの体の匂いをかいで遊びまくってましたから。。
遊ぶSKIPっ子


初シャンプーをした後、サークルに入ると子犬たちが喜んで寄ってきて
囲まれました。
初シャンプーで記憶に残る不安と恐怖になっていないようで、私も嫌われず
すみました…よかったぁ~
SKIPっこ一緒



子犬はかわいいですね!
でも、子犬見たさでブリーディング知識も犬種の知識もない素人繁殖には
私は大反対です!
訪問トリミングで交配や出産について相談されると、絶対に避妊去勢を勧めます。
安易な交配、出産は母犬に負担をかけ、遺伝性疾患を増やし、犬種そのものを
ダメにしてしまうという大きなリスクがあります。

そのっちさんはプロです。
繁殖や遺伝性疾患について勉強し、親犬を厳選して、健康で性格の良い
子犬が生まれるようにと努力しています。
また、飼い主さんになる方も条件を付けて厳選しています。
もし万が一、遺伝性疾患の子が生まれたらすべて自分が面倒みるという
覚悟のもと繁殖をしているのです。
今後の成長に大切な社会化の時期に親犬と兄弟達とそして人と充分に接する
ことをして、トイレトレーニングやクレートトレーニングもしています。
新家族の元で困らないようしつけをしやすくするためにそのっちさんは
常に考えているのです。

もし、子犬を産ませたいと考えている飼い主さんがいましたら、交配や
出産そして遺伝性の疾患など徹底的に調べて勉強してください。
飼い主さんの勝手な喜びだけでなく、母犬の負担がどれだけなのかも
考えてください。
また、犬も高齢化になっているこの時代に若い頃に避妊去勢すると高齢に
なった時どれだけ負担が軽くなることか。
高齢になってからの病気の発症や手術はどれだけ犬の負担になりつらいことか!

犬の立場になって考えて欲しいです。



さてさて、すきっぷっ子は無事新家族の元へ旅立って行ったようです。
すきっぷっ子の成長記録はこちら→  「ひなたぼっこ」 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。