スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お手入れ嫌いとしつけ

今回の訪問トリミングはブログを通じての依頼でした。

SAKIKOさんのブログ「わんこのきもち」で訪問トリミングの存在を
知ったとのことです。
新規のお客様はブログを通じてトリミングの依頼を受けることが
最近増えています。

そら子さんの愛犬トイプードルのさくらちゃんです。1歳の女の子です。
逆光さくら



今まで訪問トリミングしてきたトイプードルはみんな興奮して喜んで
お出迎えしてくれますが、さくらちゃんは飼い主そら子さんの後ろに
隠れてなかなか近づいてきてくれません。
トイプードルって人見知りせずかなりフレンドリーな性格の持ち主が
多いのでさくらちゃんのこの態度がちょっと気になりました。

訪問トリミングを依頼する理由は飼い主さんによって様々で
「愛犬がどんな様子でトリミングされているのか見たい」
「プロのトリミング技術を間近で見たい」
「愛犬に合った正しいお手入れ法を見て覚えたい」
 …などなど。。。

もちろん、自宅で飼い主さんのいるところでのトリミングが犬の負担や
ストレスが少ないというのが訪問トリミングのメリットですが…

さくらちゃんは極度にストレスに弱いらしく、トリミングのためショップに
預けると、下痢をしたりして体調が悪くなる自家中毒を起こすらしい。
普段生活している自宅でのトリミングならさくらちゃんのストレスに
対する負担が少ないだろうと訪問トリミングを依頼してきたのです。

確かに初めての訪問トリミング後のさくらちゃんは、自家中毒を起こす
こともなく、次の日も普段と変わらない様子だったとのこと。
それはそれで、訪問トリミングでさくらちゃんの負担がかなり少なかった
ことはとても喜ばしいこと…でも…トリミングはそれで解決できるかも
しれないが日常の生活におけるストレスはどうだろう?

ちょっとした音に対してビクビクし、家の窓を開けただけで緊張し不安
になり、飼い主さんの側を離れずビクビクする生活はかなりの負担だと
思う。
他の犬が日常まったく気にせず生活している物事が、常に不安と緊張を
受けてしまう生活はつらくはないのだろうか?

訪問トリミングはトリミングだけをすることは目的ではなく、負担や
ストレスができるだけ少なくなるよう普段のお手入れや犬に対する
接し方などアドバイスし、より良い関係と生活がおくれることを
重視しています。

特に新規のトリミングのお客様は、必ずトリミング前に時間をかけて
カウンセリングをします。
さくらちゃんの行動や態度やそら子さんとの関係を見て「しつけ」
のことについてお話しました。

普段はいたずらもしないし何も迷惑をかけない良い子だから何もしつけ
はしてなくていいと思っている飼い主さんは多いはず。
普段は良い子でも、トリミングの時は?病院で診察や治療受ける時は?
他の家やホテルなどに預けた時は?…など肝心の時はどうでしょう?
何か問題が起きてからでは遅いし、何よりも犬に負担がかかりつらい
状況になると思います。

「しつけ」とは何か特別なことを教えることではなくて、飼い主にも
他の人や犬にも問題なく接することができ、ストレスに耐えることが
できるように生活環境の中でしていくことだと思います。

トイプードルは、定期的なトリミングがずっと必要な犬種ですから
お手入れに対するストレスを極力少なく感じるように普段から
飼い主さんが「克服」させることが必要なのです。
本当は訪問トリミングでストレスを回避することが解決ではなく、
誰が触っても何をされてもお手入れが問題なく自由にできるように
普段の生活の中でストレスに対して乗り越えさせてあげるような環境
を飼い主さんが作ってあげることが解決へとつながると思います。



さて…
一番最初に会ったさくらちゃんは被毛が伸び放題。
2ヶ月トリミングしていないらしくブラッシングも限界とのこと。。。
トリミング前さくら


普段のお手入れがしやすいようにと短めにカットすることに…
毛質は柔らかくてコシがなく毛量も少ないので、カットには苦労しました。
トリミングさくら


仕上がりの毛にフワフワさを気に入っていただき、ラファンシーズシャンプー
も購入していただきました。
シャンプーの仕方をじっくりと見ていただいたので、自宅シャンプーでも
フワフワ毛質が持続できると思います。

トリミング中は前足にさわられるのが嫌なようで、ブラッシングやドライング
爪切りなど「キャンキャン」鳴き叫んで大暴れでした…。
痛いことは何もしていないのですがね。。。


先日2回目の訪問トリミングに行ってきました。
やはり、歓迎して迎えてくれないさくらちゃんでした…
トリミングの準備を始めると「イヤだ」とアピールしているさくらちゃん。
う~ん、その上目遣い…
イヤといってもトリミングはしないわけにはいかないのです。
いじけさくら


飼い主さんがブラッシングやシャンプーをしようとするとやはり
イヤイヤアピールが強いとか。。。

トリミングテーブルの上では前足を上げて緊張状態の気持ちをアピール。
片足あげるさくら


この前足を上げるしぐさは、自分の緊張を鎮めるためのボディランゲージです。

トリミング後もまだ前足を上げてます…舌も少し出てます。
緊張がずっと続いているようですね。
トリミング後片足上げるさくら


毎回毎回、こんなに緊張が続いているようだとかなり疲れちゃいますね。

今回は汚れが目立つ時期とあって前回よりも少し短めのカットです。
スリムになって足が長く見えるさくらちゃんです。
トリミング後さくら2



今回もやはり前足にさわられるのを嫌がり鳴き叫んで大暴れ…そして口が
出てきました。咬まないけれど歯を当てにくる感じです。
トリミング中のこの行動はちょっと問題あり。。。


私は「大丈夫ですよ。大人しいほうです」なんておべっかを使うことは
絶対しません。
トリミング中の犬の様子を見てもらい、かなりストレートに問題点を言います。
次回も依頼をして欲しいからと言っていつもニコニコ優しいだけの
トリミングでは飼い主さんのためにも犬のためにもならないと思う。

トリミング好きにならなくても、トリミングに慣れて誰がさわっても
何をされてもさほどストレスがかからないようになって欲しいと思います。

飼い主さんの接し方と気持ち次第です!

今後のさくらちゃんに期待してます。
そら子さん、がんばってください!

さくらちゃん、お疲れ様でした。
くつろぐさくら



そら子さんのブログ→ 「さくらのふわふわ日和」


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。