スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しいシャンプーを身につけよう!

訪問トリミングの目的は、、、

ひとつに、愛犬の負担を極力少なくすること!
いつも過ごしている自宅で飼い主さんのいる側でトリミング
することが一番愛犬の負担が少ないからデス。
愛犬も飼い主さんも安心してトリミングが受けられるのが
訪問トリミングの一番の良さです。

もうひとつは、愛犬に合った正しいお手入れを知ってほしいこと!
正しいお手入れをすることで愛犬の健康維持ができるので、
日常的に飼い主さんにしていただきたい。
正しいお手入れをしてもらうためには、プロであるトリマーが
お手入れの仕方を教えなければならない。
ところが、ショップだと飼い主さんに教えている余裕がまった
くない。
訪問トリミングなら、飼い主さんの目の前でトリミングするので
正しいお手入れを実際に見てもらえるし、指導もできる。

目の前で愛犬のお手入れが見れる!
プロのトリマーから直接お手入れの仕方を教えてもらえる!
訪問トリミングってとても魅力的だと思いませんか?

訪問トリミングは、正しいお手入れを指導するということが
メインになってきている今日この頃…


今回の訪問トリミングは「正しいお手入れを指導する」がメイン
で行ってきました。

1年ぶりの訪問トリミング…
フレンチブルドッグのちゅうちゃんデス。
ゲージの中のちゅうちゃん
なぜ、ゲージの中に入っているかというと…
1年ぶりに会ったちゅうちゃんは、あまりの興奮状態で落着いて
飼い主もりこさんとお話ができない状況でして、、、
ゲージの中で待機状態となってしまったのでした。。。


続きはこちら»

スポンサーサイト

ツヤピカ被毛を目指して!

今回の訪問トリミングも短毛犬種です。
最近は短毛犬種の訪問トリミングの依頼が増えてます。

このブログを見て訪問トリミングの存在を知ったようでブログが縁で
訪問トリミングの依頼がありました。
広告や宣伝は一切していないので、このブログでしか訪問トリマーの
存在を知ることができませんからね。
お手入れ教室などの講習会でも訪問トリミングについて話しはするの
ですが、「安い参加費でお手入れのこと学べてラッキー!」という方が
多くて、高い料金を払ってまで訪問トリミングを受ける気はないらしく…
講習会参加者から訪問トリミングの依頼はほとんどないのが現状。。。

本当は、みなさまの愛犬の被毛がお手入れによってこんなにも違うと
いうことを実際に見て触って体験して欲しいのですがね。。。

さて、今回の訪問トリミングのお客様は、ジャックラッセル・テリアの
りんちゃん、2歳の女の子です。
ジャックラッセルのりん

ジャックラッセル・テリアというと、暴れん坊でしつけが大変と言われて
いますが、りんちゃんはどちらかというとおっとりタイプのようです。
散歩で会う犬に吠えられたりしても吠え返したり唸ったりと反撃すること
がないとのことです。

ボールやフリスビー投げの遊びが大好きということで、初めて会ったわたし
のところにボールを持ってきて何度も「投げて!」という催促をしてました。
とてもフレンドリーなりんちゃんで、ジャックラッセルテリアのイメージが変
わりましたよ。

今までシャンプーなどのお手入れは、ショップでトリマーさんにお願いしたり
自宅でシャンプーしたりとのこと。
このブログを見てラファンシーズのシャンプーを購入して、ブログ記事に書い
てあるお手入れの仕方を読んで自宅でシャンプーしてみたそうですが…
「ラファンシーズでシャンプーしたけど、ツヤピカ被毛にならないんです」
という飼い主さん。。。

そりゃあそうですよ!
ラファンシーズでシャンプーしただけでツヤピカ被毛になるんだったら、プロ
である私の存在価値がなくなるではありませんか~!
ラファンシーズシャンプーの使い方、洗い方が正しくできていないとツヤピカ
被毛にはなりませんよ~!

短毛犬種でも、フレンチブルのようなシングルコートの超短毛と柴犬のような
ダブルコートの短毛と、ジャックラッセル・テリアのようなワイヤーコートの短毛
ではシャンプーの仕方が若干違ってきますからね。
りんちゃんの被毛や毛質に合わせた正しいシャンプーを行うと、驚くほどのツヤ
ピカ被毛になりますよ。
活発なりんちゃん

夏になると暑いからとショップで全身バリカンでツルツルの丸刈りをしていた
こともあったそうで…
OH!NO~!特別な事情がないかぎり丸刈りはいけませ~ん!
ツルツルの丸刈りがどれだけりんちゃんの皮膚に負担がかかり危険な状態
になるのか説明をしました。
(丸刈りの危険についてはこちらの記事を→ 「室外犬もお手入れを!」 
「何も知らないって怖いですね」と飼い主さんは言っていましたが、トリマー
さんも飼い主さんに言われるがままにカットするのではなくて、きちんと説明
するべきですよね。


続きはこちら»

お手入れ嫌いを克服しよう!

このブログでおなじみの白プードルのあいびー君からの紹介で
訪問トリミングの依頼がありました。

あいびー君がよく行くドッグランで会うお友達とか。。。
コーギーのハッピー君ともドッグラン仲間で、ハッピー君の
ツヤピカ被毛を触ってぜひ訪問トリミングでツヤピカ被毛に
してほしいとの要望でした。

今回の訪問トリミングのお客様は、あいびー君とハッピー君の
ドッグラン仲間の柴犬あきなちゃん、1歳になったばかりの
女の子です。
遠くにいるあきな
「はじめまして~あきなちゃん」…と、なんでそんなに遠くに…?
近づくとササっと逃げるように遠くに行ってしまうあきなちゃん。
「人見知りが激しいのですか?」と聞くと、「いいえ、人は大好きで…」と飼い主さん。

あれっ!何かをじっと見ている。。。
見つめるあきな
あきなちゃんの目線の先には、トリミングテーブルが…
なんと、あきなちゃんはリビングに置いたトリミングテーブルがとても気に
なっているようです。
あきなちゃんにとってトリミングテーブルはえたいの知れない怖いもので
あるらしく、ブルブル震えて飼い主さんが声かけてもまったく反応ナシ。
初めての訪問者の私には目もくれず、あきなちゃんの目はひたすら
トリミングテーブルへ向かっている。。。
友人が遊びに来て持っているカバンを置いただけで、カバンに対してビビッ
てしまい、怖がって近づかないことはしょっちゅうあるらしく、、、
あきなちゃんは、見知らぬ物に対して敏感に反応して怖がってしまうとの
ことです。
音にもすごく敏感に反応してしまうらしく、かなり神経質というか、ビビリ屋
さんのようです。

う~ん、今まで数多くの訪問トリミングをしてきたけど、こんなにトリミング
テーブルに反応して怖がるワンコは初めてだなぁ~

これからトリミングテーブルの上に乗らなければならないあきなちゃん。
飼い主さんは、あきなちゃんを抱いてテーブルに近づき「ほら、大丈夫よ」と
臭いをかがせたり、乗せたりとしていましたが、あきなちゃんは嫌がっている
様子。

じつは、この強引な飼い主さんの行為はあきなちゃんにさらに恐怖心を植え
つけることになるのです。
このような場合は、強引ではなく、あきなちゃんが自発的にテーブルに近づ
いて怖い物ではないことを理解してもらうことが一番なのです。

トリミング前に1時間半ほど、あきなちゃんのこの行為に対してのアドバイス
も含めてカウンセリングをしていましたが、奥の部屋でブルブル震えていた
あきなちゃんは少しづつ私たちがいる部屋に来て、私に挨拶もしてくれました。
慣れてきたあきな
あきなちゃんのように恐がったり不安がったりするワンコの場合は、すぐ
トリミングはせず、落ち着くまで時間を置きます。
この時間が負担を少なくリラックスしてトリミングするために私にもあきな
ちゃんにも貴重なんです。

トリミングテーブルは気になるようですが、リビングにテーブルがあること
には慣れた様子のあきなちゃん。
早く慣れてもらおうと強引にするのはあきなちゃんのようなビビリ犬の場合
返って逆効果となりますから、ゆっくりと時間をかけて自発的に理解できる
ようにあきなちゃんに接することが必要なんです。


続きはこちら»

仕上がりの違いを知ってほしい!

今回の訪問トリミングのお客様は、前回に続きコーギーです。

このブログで何度も登場している白プードルのあいびー君からのご紹介です。
ご紹介ありがとうゴザイマスm(__)m


コーギーのハッピー君、2歳の男の子です。
コーギーハッピー


ハッピー君はあいびー君ととても気が合い親友だとか。。。

ハッピー君は人見知りせずとてもフフレンドリーで、私との初対面もかなり
の歓迎でお出迎えしてくれました。

カメラを向けるとあくびするハッピー君…緊張?それともリラックス?
あくびするハッピー


ハッピー君のシャンプーなどは、ご自宅で飼い主さんがずっとしているとのこと。
かなり前に一度だけプロにトリミングをお願いしたことがあったそうですが、その
仕上がりは「ふ~ん、こんなもんか」って感じだったそう。
でも、前回紹介したディラン君のトリミングを見て仕上がりが違うと思ったそうで、
「ハッピーもディラン君のようにして!」と依頼がありました。


そうなんですよね~
短毛犬種ってトリミングをお願いしても仕上がりは飼い主さんが自分でシャンプー
したのとあまり変わらずという感想が多くて…くやしいぃぃぃ~!

短毛犬種でも違いますよ!
シャンプー剤の選択やシャンプーの仕方によって仕上がりはぜんぜん違うんです!
飼い主さんが驚くほど仕上がりは違うんですよ!

その仕上がりの違いをハッピー君の飼い主さんは今回の訪問トリミングでわかって
いただきました。
そして今回も正しいお手入れをお伝えしてきました。


続きはこちら»

高齢犬は自宅でお手入れしよう!

新聞で犬の高齢化について記事になっていました。

ペットフード業界団体調査が犬を飼っている世帯にアンケートを
実施したところ、7歳以上の高齢犬は半数を占めたという結果が
出たそうです。

想像以上に犬社会の高齢化が進んでいるんですね。
人間と同じく犬の高齢化にもいろいろと問題が起きています。

今回の訪問トリミングのお客様も高齢犬です。
このブログで訪問トリミングの存在を知ったようで依頼が来ました。

9歳になるコーギーのディラン君です。
ディランシャンプー前


今までシャンプーや爪切りなどのトリミングはショップに預けてお願い
していたそうですが、9歳という高齢になり長い時間預けてのトリミング
は心配になり、自宅で飼い主さんが負担をかけないようにシャンプー
したいとのこと。
それに、ディラン君は皮膚が弱くアトピー体質なので皮膚の状態を
見ながらシャンプーしたいと正しいお手入れを教えて欲しいとのこと
でした。

私自身も老犬と暮らしているのでわかりますが、老化と共にストレスに
弱くなり今までショップで平気だったのが負担になったりします。
リラックスできる自宅で飼い主さんができるだけお手入れをしてあげるほう
が高齢犬には負担が少なくなるので絶対にいいです!
高齢犬の場合は、なるべく飼い主さんが自宅でお手入れをしていただくよう
お願いしています。

もちろん、そのために今回も飼い主さんに自宅でのお手入れ法をしっかりと
説明して実際に体験もしてもらいました。


続きはこちら»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。