スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲報。。。

お正月明けのトリミング依頼で悲しい知らせがありました。

このブログで何度かご紹介している糖尿病を患っている
マルチーズのブブくんが天国に召された…との知らせでした。
(ブブくんの記事→ 「病犬のための訪問トリミング」 )

ブブくん


糖尿病が進行して失明してしまったブブくんだけど、トリミングで
訪問していたときは元気だったのに…
前回の訪問トリミングも元気なブブくんだったのに…まさか…
信じられない気持でいっぱいでした。

昨年末に急に体調が悪くなり病院通いをしていたそうですが、
お正月に天国に行ってしまったブブくん。。。
毎日インスリンを打って懸命に治療をしていた飼い主さんの
ブブ君に対する気持と深い悲しみを思うと、とてもせつなくなり
言葉がでません。

訪問トリミングは高齢犬や病気を患っている犬にとって負担が
とても少ないと喜ばれていますが、その反面このような「死」と
いう悲しい体験をしてしまうことが多くなります。
高齢犬や病犬の依頼が多い訪問トリミングなので「死」という
ことは覚悟しているのですが、今までトリミングしてきた愛犬の
「死」というのはとても悲しくショックを受けます。

そんな悲しみの中、、、
「高齢で病気持ちだったので、負担の少ないトリミングをしていただきよかったです。」
と飼い主さんから言われると、少しでも負担が少なくなるように
と訪問トリミングしてきてよかったとしみじみ思います。
私の愛犬も高齢で病気持なので、自宅トリミングの良さが充分
実感してわかっています。

今、ブブくんはきっと苦しみも痛みも辛さもなく、元気に楽しく天国で
走りまわっていると思います。
ブブくん今までよくがんばったね、ブブくん天国で幸せにね!


高齢や病気になると、体が不自由になり私たち人間も愛犬も
不安になります。
そんな不安の中一番安心してリラックスできるのは病院や施設
にいるよりも自宅ですよね?!
訪問トリミングは、リラックスできる自宅で大好きな飼い主さんに
見守られているので高齢犬や病犬にはオススメです。
これからも、愛犬の負担を少しでも少なくリラックスしてトリミングが
受けられるように高齢犬や病犬のために「在宅ケアトリミング」
訪問トリミングのなかで力を入れてやっていこうと思います。


さて、こちらのお宅にはもう1頭マルチーズのアリスちゃんがいます。

続きはこちら»

スポンサーサイト

愛犬の老化とお手入れの準備

私たち人間よりも早いスピードで年を取っていく愛犬。。。
いつまでも若くて元気だと思っていても、気がつけば老犬と
言われる年になっている愛犬。。。

人間社会と同じく、犬社会も高齢化が進んでいます。

訪問トリミングを最も喜ばれ感謝されるのは、高齢犬のお客様。
それもかなり重度の病気を抱えている高齢犬が多い。

年をとって高齢になっても健康で元気でいたいもの。
しかし、老化と共に体力は衰え、免疫力も低下し、病気の発症が
多くなるのは、人間も犬も同じ。

若い頃は体力があり元気だから、長時間ショップに預けてのトリミング
はまったく問題がないと思っている飼い主さん。
ところが、年をとっていくうちにトリミングを終えて帰ってくるとなんだか
元気がないことに気がつく。
そのうち、グッタリして食欲がなくなったり、吐いたり、下痢をしたりと
トリミングから帰ってくると体調を崩すことが多くなってきたりする。
何かの病気になってしまうと、トリミング後は必ず体調を崩しすことが
多くなり、飼い主さんはトリミングすることに不安を持ってしまう。

実は、トリミングって飼い主さんが考えている以上に愛犬の負担が
大きいのです。
若い頃は体力があり元気だからそんなに負担がかかっているとは
思っていないようですが、若くても老犬になってもトリミングの負担
は愛犬にとって大きいのです。

トリマーの専門雑誌でも最近は犬の高齢化の問題で、ショップでの
老犬のトリミングや扱い方などの特集記事が多いです。
う~ん…確かに老犬への対応や扱い方を慎重に注意すべきだとは
思うけど、高齢になった愛犬の一番の負担は飼い主さんから離れて
他の犬が騒いでいるショップに長時間預けられてのトリミングだと
思うのですがね。。。
老犬の対応や扱い方と言うより、愛犬の負担が一番少ないトリミング
を考えるべきだと、個人的に思うのですがね。

一番負担が少ないトリミングはというと、いつも愛犬が生活している
リラックスできる自宅でトリミングすることで、飼い主さんも同意見だ
と思いますよ。
このような老犬のトリミング記事を読んでいると、どうも人間目線のみ
で本当に愛犬のことを考えているのか疑問に思いますね。

何年か前にトリマーの仕事を紹介していたテレビ番組を見ていたとき
ある有名なショップを経営しているトリマーの方の老犬のトリミングに
対する行動と考えに共感しました
何年もお付きあいのあるお客様の愛犬が高齢になったので、その愛犬
の自宅に行ってトリミングしているとのことで…
長年お付き合いのある愛犬の老化によるトリミングの負担を感じて
老犬にとって一番負担が少ないトリミングを考えた結果、自宅に行って
トリミングすることだと思い始めたと言っていました。

私と同じ考えのトリマーさんがいるんだとうれしくなりました。
私の場合は、老犬に限らず、子犬でも元気な成犬でも一番負担が少ない
トリミングを考えて訪問トリミングをメインでしています。

さて、今回も高齢犬で病気を抱えている愛犬を訪問トリミングしてきました。

続きはこちら»

高齢犬の訪問トリミング

人間社会では、高齢化が進み問題となっていますが、犬社会も同じ。
室内で家族同様に暮らしはじめたことで、医・食・住が改善、発展して
愛犬の寿命は数年前と比べてかなり延びています。

新聞記事では、ペットフードメーカー会社のアンケート調査で犬を
飼っている世帯の半数が高齢の犬だったと載っていました。
テレビでも高齢犬の介護などの特集があったり、老犬に関する本が
たくさん出版されていたり、老犬問題がクローズアップされています。

高齢になると、ストレスに対して弱くなり、それまで当たり前のように
できていたことが難しくなってきます。
例えば、独りで留守番やトリミングやホテルでショップなどに預けら
れるという環境の変化に耐えられなくなります。
若い頃は、ショップに数時間預けられてもある程度のストレスには
耐えることができ問題はないのですが、高齢になると飼い主さんと
離れることだけでも不安になり、トリミングから帰ってくると食事を
食べなくなったり、下痢をしたりと体調を崩すこともあります。
高齢になると、犬も人間同様に病気の発生も多くなりますから、
長時間預けてのトリミングはとても心配ですよね。

シャンプーやトリミングなどのお手入れは、清潔を保ち健康維持する
ためにはとても必要なことなので、しないわけにはいきません。
歳をとるとともに免疫力が下がってくる老犬だからこそ皮膚や被毛を
常に清潔にしておくお手入れは必要不可欠です。

そこで、高齢犬にはなるべく負担のかからないトリミングはと考えると、
訪問トリミングが最適だと思います。
普段過ごしている自宅でトリミングするので、環境の変化はほとんど
なく飼い主さんもいるのでストレスは少なく安心です。
プロのトリミングを目の前で見れ、お手入れ法も教えてくれるので、
正しいお手入れ法を知ることができます。
正しいお手入れは、いつも清潔で健康維持をするためには飼い主
さんは絶対に知っておく必要があります。

訪問トリミングでは、高齢で病気を抱えている愛犬の飼い主さん
からとても喜ばれています。

続きはこちら»

負担の少ないトリミング

病気を患っている11歳の高齢犬シーズー、レオ君
訪問トリミングに行ってきました。

レオ君の訪問トリミングは今回で2回目、前回のトリミング
から約3ヶ月経っていました。
(前回のレオ君のトリミングは→ 「病犬のための訪問トリミング」

3ヶ月ぶりに会うレオ君…わたしのこと覚えてるかな?
やはり3ヶ月も経つと被毛が伸びてモコモコと太ったように見えますね。。。
久しぶりのレオ君


レオ君は「クッシング症候群」という病気になってしまい、現在は動物病院
に週に一度検診に行き、毎日薬を飲んで治療をしているとのことです。

この病気は、運動したがらなくなり、息切れするなど筋力の低下が
見られるので、体力的消耗の負担が大きいトリミングはレオ君には
とてもつらいことです。

病気の症状は落着いているとのことですが、最近は午後になると
ほとんど動かず寝てばかりいるとか…
ピクリとも動かず寝ているので、時々心配になって息しているか
確かめてしまうとか…
レオ君の体力的な老化のスピードは思っている以上に早いの
かもしれませんね。。。

そんなレオ君を見て飼い主さんはとても心配になり、なるべくレオ君
の負担を軽くしたいと、トリミング時間の短縮の相談がありました。

午前中は午後にくらべまだ活発なので、午前の早い時間でトリミング
を終わらせたいこと。
トリミング時間の短縮のために、前日に飼い主さんがシャンプーをして
カットのみをお願いしたいこと。


訪問トリミングは、愛犬の負担をなるべく少なくして安心して
トリミングできるようにとこだわってはじめたのです。
レオ君の負担が少しでも軽くなり、飼い主さんが安心できるのなら
と飼い主さんの提案をお受けしました。

もちろん、トリミングの時はシャンプー後被毛をきれいに伸ばしながら
ドライングした直後でないときれいにカットするのは難しい。
前日のシャンプーとなると、それも飼い主さんがするとなると被毛に
クセがついてしまったりときれいにカットすることはかなり難しい。

でも、そんなことは言っていられない!
病気を患っているレオ君の負担のことを考えると、カットの見栄え的な
ことよりも、時間短縮が優先!

と、いうことで今回の訪問トリミングは、きれいにカットできないかもしれない
と飼い主さんに了解していただき、前日にシャンプーを済ませてもらって、
カットだけとなりました。


続きはこちら»

病犬のための訪問トリミング②

前回、初めて訪問トリミングしたマルチーズのお客様、今回2回目の
トリミングに行ってきました。

前回のトリミングはこちら→ 「マルチーズの訪問トリミング」

前回のトリミングをとても気に入ってくれたようで、
「前回のトリミングは完璧でした。今まであちこちのショップにトリミング
をお願いしてきたけど、いつも満足することがなくて、ひとつふたつ文句
があったんですよ。でも、前回してもらって犬の疲れ具合がぜんぜん違うし、
皮膚も赤くならなかったし、文句をつけるところがまったくなかった。」

と、飼い主さんから言われて、とてもうれしかったです。
訪問トリミングしたかいがありましたよ!

以前、皮膚をハサミで切られたりとケガをして帰ってきたこともあった
そうで…今までのトリミング、よっぽどひどかったんですね。。。

前回のトリミングから3ヶ月経った11歳のアリスちゃんです。
うわぁ~被毛が伸びていますね~目が隠れてしまっているよ~
2回目のトリミング アリス


皮膚が弱くシャンプー剤に負けてしまって赤くなることがあるとかで
普段はアロエ配合の低刺激シャンプーを使っているようですが、
前回、私がオススメするラファンシーズでシャンプーしてみましたが
その後、赤くなることもフケガ出ることも痒がることもなかったと
飼い主さんが驚いていました。

たぶん、今まではシャンプー剤が原因というより、洗い方とすすぎ方
が原因だったのではないかと思うのですが…
いくら皮膚や被毛に良いといわれるシャンプー剤を使っていても
洗い方やすすぎ方、シャワーの温度などによって悪影響が出ること
があるので、シャンプー剤の使い方や正しい洗い方をしっかりと知る
ことが重要なのです。

飼い主さんも
「え~今まで、合うシャンプー剤を探して大変だったのに!
私の苦労は…」
って嘆いていましたが…


続きはこちら»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。