スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の抱負

すっかりと年が明け、気がつけば2月になったというのに…
まだまだどこか正月気分が残っているようなのんびりとスロー
テンポで仕事をしているため、ブログ更新の間がかなり空いて
しまいました。

ショップで働いている若かりし頃は元旦から忙しく仕事して
いましたが、訪問トリミングは年末もお正月も関係なくいたって
マイペースな仕事運び。。。
今年は、訪問トリミングの良さが広まり依頼が殺到しないかな~
と期待してはいるのだけれど。。。

そんな感じで先月はいろいろと考える時間がたっぷりとあり、
昨年を振り返り、仕事の方向性を改めて考えてみました。

みなさまの愛犬に負担を少なくするトリミングを目指し始めた
訪問トリミングですが、今までたくさんの愛犬たちをトリミング
してきて、一番愛犬に負担がかからないトリミングがわかり
ました。
それは、飼い主さんがご自宅で愛犬のお手入れをしっかりと
することなのです。

飼い主さんが日頃、愛犬のお手入れをしていただければ、もつれ
や毛玉がなく、被毛や皮膚も清潔で健康を維持できます。
トリミング間隔がしばらく空いたとしても、日頃のお手入れでもつれ
がなく、被毛が健康な状態だとトリミング時間も短縮でき、トリマー
も愛犬も負担が少なく良い結果となります。

今後愛犬が老犬になった時のことも考えると、できるだけ飼い主さん
がご自宅でお手入れをしていただくことが一番よい!
ということです。

しかし…
訪問トリミングで実際のお手入れを見てもらい説明すると、ほとんどの
飼い主さんは目からウロコが落ちる状態のように驚く。
お手入れ道具の選択や使い方が間違っていて、勝手な思い込みで
お手入れをして、愛犬の負担が大きくなっていることが多いんです。
飼い主さんからよく聞く言葉は、、、
「知らないって恐ろしいことですね。長い間愛犬にかわいそうなことしてました」


でも、しかたありませんよね。
自分の愛犬に合ったお手入れを教えてもらいたくても、時間に追われ
ながら忙しくトリミングしているトリマーさんになかなか聞くことはできま
せんよね。
私もショップで働いてる時は、飼い主さんにお手入れについての話を
する余裕はありませんでしたから、ショップのトリマーさんの気持ちも
わかります。

愛犬に一番負担の少ないトリミングを考えた時、この訪問トリミング
が一番いいと思い、愛犬がどのような環境で生活しているのか実際
に見ることができるので、その家庭環境と愛犬に合ったお手入れを
的確にアドバイスすることができます。
飼い主さんと話をする時間もタップリとありますから、余裕を持って
質問や疑問に納得するまで答えることができます。

今年は、もっともっとたくさんの飼い主さんに正しいお手入れを知って
もらうために、訪問トリミングでは、自宅でできるお手入れ法を伝える
ことによりいっそう力を入れていきたいと思います。

訪問トリミング以外でも正しいお手入れを知っていただくために
「お手入れ教室」などの講習会活動も昨年以上に今年はやって
いきたいと思っています。

飼い主さんだけでなく、トリマーさんへの講習会もしていければと…
トリマーの卵たちのいる専門学校の講義などもして、トリマーの
育成にも携わっていきたいし…
飼い主さんに正しいお手入れを伝えることができるトリマーさんが
増えて欲しいのでこのような講習会も開催できればと思っています。

今年の抱負は
一人でも多くの飼い主さんに正しいお手入れを伝える活動をしていく
ことと一人でも多くの同じ志を持つトリマーさんや協力者を増やすこと
です。

みなさま、応援よろしくお願いしますm(__)m



さてさて、先月のことですが、今年最初のトリミング依頼は…

続きはこちら»

スポンサーサイト

トリミング料金へのこだわり

定期的にトリミングが必要の犬種の場合、トリミング料金はとても気になりますよね?

子どもの給食費を払わない親たちが増えて問題になっているが、その理由に
「犬のトリミング代が毎月かかるから給食費が払えない」
というのがけっこう多いらしい…。
トリミング代のせいにされているなんて、愛犬にとってはいい迷惑だ!

それぞれのショップやトリマーによってトリミング料金は様々だ。
地域性もあるが、恐ろしいほどの低料金もあれば、セレブたちしか来ない
ような高額な料金のショップなどいろいろだ。
安ければそれでいいと思っている飼い主さんやトリミング料金はあまり気に
しない飼い主さんなど、飼い主さんのトリミング料金に対する考えもいろいろだ。

訪問トリミングの料金は、通常のショップやサロンに比べて高い。
自分では訪問トリミングは高い料金になるのは当然だと思っている。

通常ショップやサロンは、飼い主さんが来てくれる。
しかし、訪問トリミングはお客様の都合のよい日にちと時間に合わせて
こちらからご自宅へ行く。
こちらから出向くので当然出張料金がかかる。
パソコンやテレビなどの電化製品が故障して修理のため家にきてもらう
と出張料金を取られる。
経験があるが、この出張料金が結構高かったので、それから電化製品を
購入した時は5年保障などをつけるようにした。
もちろん5年保障の保険料を払うことになるけど。
こちらから故障した電化製品を持ち込んだ時は、もちろん出張料金はかか
らないから修理代だけで済む。
訪問トリミングはこちらからご自宅へ出向いていくのだから、移動時間が
かかるし、もちろんガソリン代もかかるからそれなりの出張料金をいただく
ことになる。

ショップやサロンなどのトリミング室はトリミングがしやすいよう、トリマーさん
の使い勝手がいいように設計されている。
しかし、訪問トリミングは、飼い主さんの家の中のスペースを使ってトリミング
するので、それぞれの家庭によって使い勝手が違う。
細かいことを言うと、浴室の広さやシャワーの温度設定や水圧、コンセントの
場所や部屋の照明などがそれぞれの家庭で違うので、その状況に合わせて
トリミングをしなければいけない。
トリミングに集中したいけど、なかなか集中できる状況ではない。
正直、使いづらい、仕事しづらいと感じることもあるけど、それでもすべては
愛犬のためにと思いトリミングしている。


続きはこちら»

愛犬の負担を少なくしよう!

愛犬がどんな気持ちでトリミングされているか考えたことはありますか?

トリマーとして長年たくさんのワンコをトリミングしてきましたが、長い時間
トリミングテーブルの上でじっと立っているのは、いくらトリミングに慣れて
いるワンコでも体力的にも精神的にもつらいのではないかと思うのです。

もしこれが自分だったら、体をあちこち触らながらトリミングテーブルの
上で何時間もじっと動かずしているなんて耐えられるだろうかと…
トリミング中にじっとしているワンコを見てそんなことを思うことがある。
それを考えると、ワンコってえらいなぁと思う。

だからこそ、愛犬の負担をなるべく少ないくしたいと、リラックスできる
自宅で飼い主さんの見ているところでトリミングする訪問トリミングを
はじめたのですが…

愛犬に負担をかけないトリミングをするためには、トリマーだけではなく、
飼い主さんの協力がとてもとても必要となってきます。

飼い主さんの協力というのは、日頃からのお手入れです。
毎日ブラッシングをして汚れを落とし、もつれや毛玉を作らない状態に
保つことことがトリミングでの負担を軽くすることにつながります。

でも、、、
「今日トリミング日でトリマーさんがきれいにしてくれるから、ブラッシング
してないんです。だからもつれや毛玉があるかもしれません。」
「どうせトリミングできれいになるからと、外で遊んで思いっきり遊んだ
ので汚れていると思う」
「しばらくシャンプーしてないから汚れているけど、今日トリミングできれい
になるからいいですよね」

という飼い主さん。。。

トリマーがきれいにトリミングしてくれるからと、ブラッシングはしていなし、
汚れているという飼い主さんの気持ちがわかりません!

飼い主さん、あなたが美容室に行く日は美容師さんがきれいにしてくれるから
と髪にブラシもかけずに寝起きのまま寝癖がついている状態で行きますか?
美容室で洗髪してくれるからと、しばらく髪を洗わず汚れた髪の状態で美容室
に行きますか?

愛犬に服を着させたりして擬人化するのに、肝心のところは人とは違う扱いに
なるんですね…都合のいいことばかりの飼い主さんだ!


続きはこちら»

たばこの影響

新聞に載っていた獣医さんのコラム記事が目にとまった。

「毛なめニコチン体内へ」というタイトル。
その記事の内容を抜粋しますと…

アレルギー性皮膚炎と思われる犬から採血して、アレルギーの原因
物質を特定する検査に出すと、全部の結果にたばこの煙に含まれる
物質が入っていました。
その飼い主の大半が、家でたばこを吸っています。

たばこの煙に含まれるニコチンは、体内に入ると短時間で「コニチン」
という無害な物質に変わり、70~80%が腎臓から排出されます。
しかし、分解されないニコチンも出てきます。

昨年4月の米国獣医学会報の中には、喫煙家庭で飼われている猫
の尿中に含まれるニコチンとコニチンの濃度を比べたら、非喫煙家庭
の猫に比べ、10倍以上の高い濃度が検出されたと報告がありました。

多くの研究からたばこの煙に含まれる科学物質のうち、いくつかは
体に有害なことがわかっています。
喫煙家庭の猫はたばこの煙を吸い、体に付着した物質をなめて対内
に吸収していまうことから、アレルギーやがんの発生率が高い傾向に
あるそうです。


このコラム記事を書いた獣医さんは、犬猫を診察するとたばこのにおい
がすることがあり、犬猫にいい影響はないと思っていたそうです。

まったくたばこを吸わない私は、たばこのにおいや煙がとても苦手
で、犬の被毛についているたばこのにおいには敏感に反応します。
ショップや動物病院に勤めていた頃、トリミングにくる愛犬からたばこ
の臭いがすることは多く、喫煙する飼い主さんだとすぐわかります。

たばこの煙は毛や服に付着しやすいんですよね。

せっかくきれいにトリミングしてたばこのにおいがしなくなったのに
たばこを吸う飼い主さんの元へ帰ったら、またすぐ被毛にたばこの
煙が付着してにおいがついてしまう…
トリミングした意味がなくなるだろうとガッカリ。。。

続きはこちら»

ブログをはじめて思うこと

2008年になりました。
昨年はブログにご訪問していただきありがとうございました。

今年始めのブログはちょっと気になっていることを
ぶっちゃけて書きます。


ブログをはじめてからたくさんの方からメールをいただきました。
メールの内容は一般の飼い主さんからトリミングやお手入れに
関することがほとんどです。

たくさんの方からのメールをいただくことはとてもうれしいこと
なのですが、みなさまの相談や質問に的確にお答えすることは、
かなり難しいことなのです。実際に見てもいないみなさまの愛犬
に対して、対応できる答えには限界があります。

例えば…
飼い主さんが「うちのワンコの毛質がパサパサで…」と相談されても
実際見て触れていないので、どのような状態のパサパサ被毛なのか
わからないので、毛質改善できるのかまた、的確な毛質改善の仕方
などの判断ができないのが正直なところです。

また…
「今までトリミングをお願いしていたトリマーさんに言われたのですが…」
と、言われた内容やしてもらったトリミングについて疑問を抱き、それが
正しいのか判断をしてもらいたいと相談されても、どのような状況で
そのトリマーさんがそう言ったのか実際に見ていない私には正しい判断
はできないでしょう。

飼い主さんの思い込みということもあるし、飼い主側の言い分ばかり聞いて
も偏った判断しかできませんし、間違った解答をしてしまうかもしれません。
お手入れやトリミングに関しても、メールの文章だけで説明するのはとても
難しく正しく伝わったのかわからないので、文章だけで答えることは本当に
悩んでしまいます。

また、飼い主さんは一発ですぐ改善する方法を求めたりします。
これをすればすぐよくなるとか解決するとかと言う答えを求めている感じが強く
1,2回やって目に見えて改善や解決ができなければ納得いかないみたいです。
もちろん、1回のお手入れやシャンプー法で目に見えて毛質が改善される
こともありますが、何度も何度も繰り返して1年くらいかけて毛質を改善しな
ければならないこともあるので、やはり見たこともない愛犬に対して文章だけ
で相談を受け入れることは難しいのです。

訪問トリミングのように、実際に愛犬を見て触ってお手入れの仕方を目の前
で見ていただき、その上で質問に的確に応え、アドバイスもできます。
正しいお手入れを知ってもらいたいですが文章だけでそれもメールのやり取り
だけというのは、無理が生じます。


続きはこちら»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。