スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝えたいこと

地道に続けている「お手入れ講習会」の活動ですが、もっともっと
いろいろな形で展開していきたいと密かに考えています。

愛犬の負担をなるべく少なくしたいとはじめた訪問トリミングですが、
お手入れについての知識がほとんどなく間違った自己流のお手入れ
をされている飼い主さんが多いと目の当たりにして、今ではお手入れ
指導に力を入れています。

もっとたくさんの飼い主さんに正しいお手入れを知って欲しくて、講習会
という形で伝える活動をしています。
講習会は仕事というより、啓蒙活動の一環として活動している感じです。

PlayBowお手入れ勉強会


訪問トリミングと違い、講習会はたくさんの飼い主さんに向けてお手入れ
の説明をして実演しますが、たった数時間という時間内ですべてを説明し
すべて実演して見せることはもちろんできません。
飼い主さんたちの愛犬の種類もそれぞれ違い、疑問や質問したいことも
それぞれ違うので、参加者全員に応えることはかなり難しいです。

しかし、お手入れについて悩んでいたり疑問に思ってることを講習会で
すべて解決できると思い参加する飼い主さんたちも少なくはない。
愛犬が嫌がる爪切りやブラッシングを好きにさせる方法を講習会で教え
てくれて、その日から愛犬がまったく嫌がることなくお手入れができると
いう魔法的なお手入れ法を期待して来るのだ。

今まで嫌いだったことが一発で好きになる魔法みたいな手入れ法なんて
あるわけないじゃない!
もしあるのなら、私が知りたいよ!!!
それに、短時間の講習会で実演を見ただけで、素人の飼い主さんがプロ
並みにできるわけがないじゃない!

講習会で伝えたいことは、魔法のようなお手入れ法をマスターしてもらう
ことではなく、お手入れの大切さを知ってもらうことなのです。


続きはこちら»

スポンサーサイト

「お手入れ勉強会IN東京」を終えて

9月23日に東京で「愛犬のお手入れ勉強会」を開催してきました。

東京でのお手入れ勉強会は今回で3度目、2年ぶりでした。
2年ぶりとあってか、今回はなんと!45名も参加者が集まった!
主催のドギーサークルPlay Bowのスタッフ人数を入れるとなんと!
50名を超えて、過去最高の参加人数で大盛況でした。
地元北海道で開催しても、参加者はとても少なくまったく集まらないと
いうのに関東の方たちはやはり意識が高いんですね~!

今回は東京日帰りという強行スケジュールで時間的余裕がまったく
なくて、かなりきつかった~

羽田空港に着いたら開催会場へ…
余裕で会場入りする予定が開始時間ぎりぎりに到着し、スタッフの方たち
と打ち合わせをする時間もなく、ドタバタ急いで準備したまま勉強会に突入。。。
初めての会場でトリミング施設の使用がよくわからずと惑いながらもなんとか
勉強会を進行して、勉強会が終わったらすぐ羽田空港へ…
あっという間の勉強会、あっという間の東京滞在でした。。。

ブラッシングやシャンプーなどの実演でモデル犬として活躍してくれたのは
PlayBowの会長ちはりんさんの愛犬です。
2年前のお手入れ勉強会でもモデル犬として活躍してくれたパピヨンの愛唯(メイ)
ちゃんは、今回の実演でも何度もシャンプーされ活躍してくれました。
(前回のモデル犬として活躍した愛唯ちゃんは→ 「PlayBow」 

今回、モデル犬デビューとなったのはボーダーコリーの楓雅(ふうが)くん。
この楓雅くんは、昨年北海道で開催したお手入れ講習会でモデル犬として活躍
した楓こさんの息子なのです。
親子2代で私のお手入れ講習会のモデル犬として活躍してくれるなんて、なんだか
運命を感じますね。 (楓こさんの活躍は→ 「Paw'er」 」

今回は、時間がまったくなくて、一枚も写真が撮れず、愛唯ちゃんと楓雅くん
の活躍している写真が載せられず…すみません。。。

私のお手入れ講習は、必ず被毛についての講義をします。
被毛についての知識があるととブラッシングやシャンプーをするときに被毛の
ことを意識してお手入れしますから、講義でしっかりと伝えるのです。
被毛の構造や役割のことがわかっていないと、健康な被毛を維持することは
できませんからね。

参加者の皆さんは、初めての私の講義に驚いたと思う。
それは、かなり辛口&毒舌トークだったから。。。
私は、飼い主さんにごますったり、おべっかは一切言わない。
訪問トリミングを受けた飼い主さんはすごくよくわかっていると思うが、
「過保護」「依存が強い」「おやつをあげるマシーンだ」「愛犬がかわいそう」
などなど、かなりストレートでズバッと正直に言います。
思い込みの激しい飼い主さんがほとんどなので、ズバッとストレートに言って
あげないと自分の過ちに気がつきませんからね。
それに、ショップで働いていた時は、どんなに暴れる犬でも「いい子でしたよ」
「大人しかったですよ」なんて飼い主さんの気分を害さないようにリピーターと
してまた来てもらえるように、たくさんのウソを言ってきましたから、もう今は
ウソはつきたくないですから!

でも、「はっきり言っていただいてよかったです。自分の大きな勘違いに
気がつきました。今まで愛犬にはかわいそうなことをしていた。」と言って
かえって喜ばれ、愛犬としっかりと向き合うきっかけになっています。


まぁ、ネットって怖いですからね~
私という人物をブログを読んでいる人は勝手に作り上げますから、実際に
会ってどう思われるのかわからないですね~~


続きはこちら»

お手入れ勉強会開催のお知らせ

地元北海道で開催した「愛犬のお手入れ教室」ですが、この度
東京で開催することに決定しました。
2年ぶりに東京での開催です!
私が講師としてみなさまに愛犬のお手入れを教えします。

今回もドギーサークル「Play Bow」のサークル会員のみなさまへの
イベントとしての開催なのですが、もちろん会員以外の方もゲストと
して参加できますので、この機会にぜひご参加くださいませ!

その内容は、講義と実技の2部構成になっています。
被毛とシャンプー剤についての講義
正しいブラッシング、シャンプーの仕方(泡立て方やすすぎ方など)
タオルの正しい拭き方とドライングを実際にモデル犬でお見せします。



Play Bow 「愛犬のお手入れ勉強会」 

開催日時: 9月23日(祝日) PM1:00~

開催場所: 東京都 ( 浅草エリール http://www.erile.co.jp/ )

参加費:  一名につき ¥2500(家族割引 二人目から¥1500)


申し込み方法: 
メールフォームに必要事項を記入し参加ボタンを押す⇒参加費振込み先が
9月上旬に通知されます。


申し込みはこちらをクリック→ 申し込みフォーム

*申し込みフォームにて申し込みを受付しますので、開催場所の
 浅草エリールに直接連絡することはご遠慮ください。


みなさまのご参加お待ちしています。
東京でお会いしましょう~♪


お手入れ教室開催

訪問トリミングで正しいお手入れの仕方を説明して見てもらい
実際に愛犬の仕上がりを触っていただくと、飼い主さんは驚き
そして感激してくれます。
お手入れの大切さと健康で美しい被毛の状態をわかっていただいてます。

でも、これは訪問トリミングをしたお客様しか実際にわからないこと。
ブログでの写真や文章では伝えることが難しい。

もっと多くの飼い主のみなさんに正しいお手入れ法とお手入れの
楽しさを伝えたいし、興味を持って欲しいと常に思っていた。

そんな想いからもっと多くの方に正しいお手入れを知って欲しいと
先月から愛犬と飼い主のために教室や講習会を開催しています。

もともと専門学校のトリミング教師を長年していた経験があるの
で教えたり伝えたりという講習会活動は好きな仕事なのです。

昨年は、友人のトリマーとトレーナーと3人のユニットで愛犬の
レクチャールームをつくり、お手入れ教室を開催した。
その記事はこちら→ 「お手入れ講習会を終えて」

今回は、ユニットではなく私個人での活動。
そのため、まずは知り合いのドッグカフェに事情を話してお手入れ
教室開催のお願いをしてみた。
快くOKをいただき、そのドッグカフェに来ている飼い主さんに向けて
のお手入れ教室を開催しました。


続きはこちら»

プロトリマーへのシャンプー講習会

先日、プロトリマーへのシャンプー講習会が開催されました。

今回プロ向けの講習会はラファンシーズメーカー会社である
「シグマテックインターナショナル」の主催です。
長年ラファンシーズを愛用している私と友人トリマーが講師として
シャンプーの講義と実技をプロトリマーへ講習してきました。
今回は、トリマーになって日が浅い若いトリマーさんへのシャンプー講習会
でしたが、中には、トリマー歴20年やトリミングショップ経営者の方も
特別参加していました。
片道4時間かけて遠いところから来ていたトリマーさんもおりました。

今回の講習会のテーマは
「ラファンシーズシャンプーをしっかりと使いこなすための
シャンプー基礎知識」
です。

シャンプーを使いこなすためには、シャンプー技術を高めるためには
被毛の構造や役割などしっかりと理解することが重要です。
最初はシグマテックの方から被毛についての講義です。
スライドを使って被毛の構造や役割を説明していました。
シャンプー講習会講義


ラファンシーズは被毛の科学に基づいて作られたヘアケア製品です。
被毛のことがわからないとシャンプーは使いこなせません。

次は私の講義です。
経験が浅く若いとどうしてもカット技術を身につけることを重視してしまう。
確かにカット技術も必要だけど、その前に基礎であるシャンプー技術を
しっかりと身につけることが大切。
トリミングはおしゃれやファッションのためではなく、健康管理のために
することだと理解して欲しく、シャンプーの重要性や大切さ、健康な被毛
作りについてを熱弁しました。
シャンプー講習会講義2


参加者のトリマーさん、みなさんはショップにお勤めなので、次から次へ
と時間に追われながらトリミングをしているので、なかなか飼い主さんと
じっくりと話しをすることができない。
私の場合は、訪問トリミングなので時間に追われることもなく、トリミング
終了後はお茶を飲みながら飼い主さんといろいろな話をしている。
この機会に、私が聞いた飼い主さんのトリマーさんへの本音の話をした。
このブログにも書いた飼い主さんが言っていた事実の話です。
例えばこんなこと→ 「毛質について」 「短毛犬種の正しいシャンプー」



私の講義の目的は、トリマーさんのシャンプー技術に対する意識を
変えること。
ラファンシーズのシャンプーを使えさえすれば、被毛が良くなるとか
仕上がりがよくなるとか大きく勘違いされているトリマーさんもいます。
いくら被毛に良いといわれるラファンシーズシャンプーを使っても
シャンプー技術がないと飼い主さんは納得せず信頼を失うこと、
短毛犬種こそトリマーの腕の見せ所ではないのかと熱く語った!
熱く語りすぎて時間オーバーしてしまいましたが…(~_~;)


講義の後は、シャンプー実技です。

続きはこちら»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。