スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の人気犬種

日本の2008年度の犬種別登録数が発表されました。
これは、ジャパン・ケンネル・クラブ(JKC)の2008年1~12月の
犬籍登録頭数です。

昨年2008年の1年間に一番多く登録されたランキング1位の犬種は
プードル でした。

プードルと言っても、トイ・ミディアム・ミニチュア・スタンダードと
サイズの違うプードルを全部いっしょに合計しての登録数ですが、
トイプードルの登録数がダントツに多いです。

日本ではトイプードルが圧倒的人気の犬種ということですね。
毎年発表される犬種別登録頭数ですが、プードルが1位になった
のは、初めてのことではないでしょうか?

2位はチワワ
チワワは、2001年から7年連続の登録数No.2です。
登録頭数はここ数年あまり変わらないので、根強い人気の犬種
なんですね。
でも、人気に火がついたのは、あのTVコマーシャルがもと…

今まで登録数1位だったダックスは、3位になっていました。
1997年から2007年まで10年連続の登録数1位という大人気の
ダックスだったのですが、年々登録数が減少して…3位に。。。

JKC犬種別登録頭数については→ 「JKC 公開データ」
(1999年~2008年の犬種別登録頭数を見ることができます)

トリマーのなりたての若かりし頃は、一般の方にプードルは人気
がなく、プードルと言えばトリマーが飼っているというイメージが
強かった。
ショップにトリミングで来るプードルの数はとても少なく、店頭販売
でもプードルの子犬は人気がなく売れる犬種ではなかった。
その頃は、今現在のようなプードルが大人気になり登録頭数1位
になるなんて想像すらできなかった。
今では、トリミング依頼の犬種はプードルが多くなった。

その頃の人気犬種は、シーズーだった。
毎日毎日シーズーばかりトリミングしていた記憶がある。
ちなみに、14年前の1994年のJKC犬種別登録頭数のランキングは、、、
1位 シーズー    2位 ゴールデン・レトリバー   3位 ポメラニアン

大型犬のゴールデン・レトリバーが人気犬種になった時代がありましたね。
あまりの急激な人気で乱繁殖が起こり、股関節形成不全という
遺伝性疾患の問題が起こり、歩き方のおかしいゴールデンを
多く見かけました。
人気が出ると必ず繁殖の問題が起こり、その結果遺伝性疾患の
犬が多く見られるようになります。
日本人は、流行とか人気とかにすぐ左右され、犬も流行や人気
など見た目などで選んでしまうので、このような遺伝性疾患の
問題は深刻になるばかりです。

ファッションと同じような感覚で犬にも流行がある日本。。。
26年前の1982年のJKC犬種別登録頭数のランキングは、、、
1位 マルチーズ   2位 シェルティー   3位 ポメラニアン

53年前の1955年のランキングは、、、
1位 日本スピッツ   2位 アメリカン・コッカー  3位 ワイヤー・フォックス・テリア

こうして比べてみると、日本は流行などによって人気犬種がよく
変わる国なんですね。。。
犬はまるでファッションやアクセサリーと同じ流行によって人気
が左右される…「命」ある生き物なのに。。。

欧米だと違うんですよ。
日本とは違って犬と暮らす意識や歴史が違いますから、犬種別
ランキングは、毎年ほとんど変わりなしです。

アメリカのAKCでも2008年の登録数ランキングが発表されましたが
1位はラブラドールで18年連続のNo.1なんですって!
登録数上位の犬種はほとんど何年も変動ナシです。

英国(KC)も確か1位はラブラドール(2007年)で16年連続No.1で
やはり登録数上位は毎年変動はほとんどなし。

日本は、登録数上位の変動はけっこうあることがわかります。
テレビや映画などの影響で一気にブームになる犬種。。。
その当時の人気犬種で、それぞれの時代背景がわかりますね。

日本のプードル人気に火がついた原因は、ご存知テディベアカットの出現。
以前のプードルのカットは、手足の先と顔にバリカンでツルツルに刈る
スタイルが一般的だった。
しかし、このスタイルはかなり不評…そのためプードルは人気がなかった。
ところが、モコモコのクマのぬいぐるみのようなテディベアカットが登場
すると、今まで見向きもされなかったプードルが大人気になった。
「プードルは好きではない」と言っていた飼い主が「プードルかわいい」と
言って飛びつく…あちこちでプードルを見かけるようになった。
人気がなかった時代も今もプードルの特徴や性格など魅力は何一つ
変わってないのに、見た目のカットスタイルでキライから好きに変わる…

トリマーとしては、トリミング犬種のプードルが人気になり、頭数が
増えることは仕事的に歓迎すべきことなんだけど…
プードルの飼い主であり、以前と変わらずプードルの魅力をわかって
いる私個人としては、今のプードル人気はかなり複雑な気持ちだ。

これからプードルはどうなっていくのだろう?
ダックスのように何年か連続1位が続き、そのうち登録数が減少して
以前のように人気がなくなり見向きもされなくなるのだろうか?
あのシベリアン・ハスキーのように。。。

「命」ある犬に流行やブームなど起こらないで欲しい。
その裏では、悲惨な現実が起きていることを知って欲しい。


さて、訪問トリミングのお客様のプードルといえば…


続きはこちら»

スポンサーサイト

トリミング犬種は定期的なトリミングを!

今回のトリミングは、お世話になっている 「わんこのきもち」のSAKIKOさん
からのご紹介でSAKIKOさんのご友人の愛犬を訪問トリミングしてきました。
 (SAKIKOさんのブログはこちら→ 「わんこのきもち」 )

ご友人の愛犬とはまだ1歳という若いトイプードルとのことで、SAKIKOさん
から送られてきたそのプードルの写メを見て…絶句…
えっと…これはトイプードル???と予想外の姿に驚いた。
小豆の写メ

訪問して実際そのプードルに会ってみて、これまたビックリ!!!
思わず「どうしたんですか?何があったの?」と尋ねたくなるような姿で…
昨年も驚きの姿のプードルをトリミングしましたが…
(その記事はこちら→ 「プードルの訪問トリミング」 )

今回はまた違った驚きの姿のプードル…
名前は小豆(あずき)ちゃん、女の子なのに、体も顔もボサボサの
ムク犬状態というより、捨て犬状態。。。

「今までトリミングはどうなされていたんですか?」と聞くと、、、
「今まで一度もトリミングしたことがないんです」と飼い主さん。。。

え~~~っ!生まれてから今日までの約1年間、一度もトリミング
したことがないんですかっっっ!!!
トリミング犬種のプードルを一度もトリミングしたことがないって…
いやぁ~驚きました。
1年間伸ばし続けるとこの姿になるんですね…と妙に感心している
場合ではない!
カット前の小豆
プードルを飼うのは初めてにしても、今までトリミングしたことない
なんてトリミングについてちょっと無頓着すぎではないかと、せっかく
プードルに生まれてきた小豆ちゃんがかわいそうに思えてきました。

訪問トリミングでは、新規のお客様の場合、時間をかけてお手入れ
の大切さと必要性を伝え、飼い主さんの質問に答えながら愛犬との
暮らしがより良くなるようカウンセリングをします。
小豆ちゃんのために、トリミング前のカウンセリングは時間をかけて
ましたよ!
お手入れの大切さ、そしてしつけなどこれから小豆ちゃんとの暮らし
についてしっかりとアドバイスとカウンセリングさせていただきました。

特にプードルはトリミング犬種なので、トリミングすることでプードルの
魅力が発揮されます。
トリミングしてこそプードルではないかとトリマーとしては思うのです。
もちろん、トリミングは健康維持にもつながりますから、定期的なトリ
ミングで快適な生活をさせていただきたい。
定期的なトリミングで本来のプードルの美しさやかわいらしさの魅力を
発揮させて誰からも愛される小豆ちゃんになって欲しいですね。

さて、一通りのカウンセリングが終わりトリミング開始ですが…
生まれて初めてのトリミングなので、小豆ちゃんがトリミングテーブル
の上で長い時間大人しく立っていられるのかとても不安です。。。

続きはこちら»

今年もありがとうございました

年末になると超多忙になるトリミング。

ショップで働いていた若かりし頃は、この年末トリミング
がとても嫌でした。
年末トリミングについて思うことは昨年の年末時期に
記事にしました→ 「年末トリミング」

訪問トリミングは年末だからと予約が集中することなく
いつものペースでのトリミングです。


子犬の頃からずっと訪問トリミングしているボロニーズの
くりんちゃん。
今回はなんと!5ヶ月ぶりのトリミングでした。
5ヶ月間もトリミングしないのは初めてのことでした。
くりん5ヶ月

5ヶ月の間が空いても毛玉も汚れもなく飼い主さんのお手入れが
きちんとされているのがわかります。
みなさんこのようにトリミング間隔が空いても自宅でのお手入れが
きちんとされていると、トリマーも愛犬も楽なので、ぜひしっかりと
したお手入れを覚えて普段からしていただきたいとおもいます。

5ヶ月伸びた被毛をバッサリとカットして、一回り…イヤ、三回りくらい
小さくなったくりんちゃんです。
くりんカット後


続きはこちら»

トリミングの間隔

経済状況が不安定で長引く不況…
出費を抑えようとお財布のヒモがかたくなりますよね。

出費の抑えは愛犬にかかる費用にも必然的にくるわけで…
特に定期的にかかるトリミング料金の負担をいかに少なくするか
考えている飼い主さんも多いようで。。。

今まで1ヶ月おきにトリミングをしていた愛犬が1ヵ月半おきになり
2ヶ月おきになり…3ヶ月おきに…とトリミングする間隔を延ばして
トリミングかかる出費を抑えようとしている飼い主さんたちの話を
あちこちで聞きます。

でも、愛犬は経済状況や不況なんてことはわかるはずもなく、、、
今まで定期的にトリミングしてもらい清潔な生活だったのに、人間
の勝手な理由でトリミングする間隔が延ばされてしまう。

トリミングする間隔が延びてもその間きちんと飼い主さんがお手入れ
をして常に清潔で健康維持できていれば問題はないけれど…
出費を抑えることばかり考えて、普段のお手入れはまったく考えてな
い飼い主さんが残念ながら多いようです。

知り合いのトリマーも、、、
「今まで3週間おきにトリミングに来ていたお客様が1ヵ月半とか2ヶ月
おきとかにくるようになって…その間まったくお手入れされてないようで
毛玉が全身にあって、伸びてボサボサになった毛に目ヤニやウンチが
ついていたりして汚れと臭いがあって…愛犬がかわいそうで…」
と、嘆いていました。

おやつを催促する愛犬を我慢させるのはかわいそうと言っているのに
毛玉があって汚れてボサボサになっていてもトリミングは我慢させて
いる飼い主さん…どちらの我慢が愛犬にとってつらいかよく考えてほしい。

料金的にもなるべく安いショップをと探していく飼い主さんも多く見られ
とにかくトリミング料金が安いショップにとジプシーしているようです。
まぁ、安いなりの理由があるんですがね。。。

それぞれの家庭で事情があるのはわかりますが、愛犬の立場になって
考えて欲しいと思います。


訪問トリミングのほとんどのお客様は、トリミング間隔が長いです。
2ヶ月おきとか3ヶ月おきとかにトリミングの依頼がきます。
経済状況とか不況とか関係なく始めからトリミング間隔が長いのです。

それはなぜかというと…
訪問トリミングでは、飼い主さんに日常の正しいお手入れをしっかりと
教えて実行してもらっているからです。
たとえ3ヶ月の間隔が空いたとしても、飼い主さんがしっかりとお手入れ
をしているので、毛玉があったり、汚れていたりしてかわいそうな状態
にはなっていないのです。
それどこところか、こんなに毛量があって被毛が伸びているのに、よく
きれいに清潔な状態を維持できているのかと飼い主さんのお手入れに
感心することがあります。

子犬の頃からずっと訪問トリミングしているトイプードルのあいびー君も
トリミング間隔は長いです。
2ヶ月半~3ヶ月おきの間隔でトリミングしています。
今回のトリミングも前回のトリミングから3ヶ月経っています。
ゲージのあいびー

続きはこちら»

換毛期にしっかりと換毛を!

「換毛期」ってご存知ですか?
字のごとく「毛が生え換わる時期」のことです。

2重毛と言われるダブルコートの犬種は換毛します。
ダブルコートとは、ひとつの毛穴から主毛複数の副毛が生ている
被毛で、副毛はアンダーコートとも呼ばれ、柔らかい綿のような被毛
が密集している被毛です。
柔らかい綿のようなアンダーコートが密集していることで寒さから身を
守る防寒として犬の重要な体温調節の役目を持っています。
なので、換毛期は主に春と秋の季節の変わり目の年2回ほどで、この
アンダーコートが抜け落ちて生え換わります。

ダブルコートの犬種は、柴犬などの日本犬、コーギー、シェルティー、
ポメラニアン、スピッツなどなど…
野生のイヌ科の動物、狼やキツネなどもダブルコートの被毛を持ち
自然界の気候に合わせて換毛をしています。
ダブルコートの犬種は、野生に近い被毛だと言えますね。

換毛期がほとんどない被毛が1重毛というシングルコートです。
副毛がほとんどなく、ひとつの毛穴から1本の被毛しか生えてません。
換毛期がないので、長毛犬種でもダブルコートのように大量に抜ける
ことがなく、抜け毛が少ないのが特徴です。
シングルコートの長毛犬種は、プードル、ビションフリーゼ、ヨーキー、
マルチーズなどなど…

我が家には老犬プードルがおりますが、掃除の時プードルの抜け毛は
ほとんど見たことがなく、私の抜け毛の方がかなり目立ち…
掃除機の中には私の髪の毛ばかり大量に吸われています。。。
我が家の愛犬としてプードルを選んだ理由のひとつには、抜け毛と体臭
が少ない犬種だから。。。

シングルコートでも短毛犬種の場合は、毛がすごく抜けます。
パグ、フレンチブル、ビーグルなどの短毛犬種はシングルコートですが
換毛期に関係なく一年中抜けているといった感じでとにかく抜けます。
短毛犬種だから手入れが楽だと思っていたら抜け毛が多くて大変~と
いう嘆きを飼い主さんからよく聞きますので、犬種選びは慎重に!

先月のことですが、サモエドのトリミングをしてきました。
前回もトリミングした蘭丸君ですが(こちら→「大型犬のトリミング」
1ヶ月ほどトレーナーさん宅で預かりトレーニングしており、預かって
いる間トリミングして欲しいとの依頼でした。
(蘭丸君のトレーニングの様子は→ 「広上家一族」 

今回は訪問トリミングといっても飼い主さん宅ではなく、トレーナーさん宅
…というより、トレーナーさんの知り合いのブリーダーさん宅のトリミング室
を貸していただいて蘭丸君をトリミングしました。
蘭丸シャンプー前1


続きはこちら»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。