スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こだわりの快適カット

長年トリマーをしてきてトリミングに対する考えが変わった。
(こだわりについては→ 「トリミングへのこだわり」 )

そして、カットへのこだわりもかなり変わった。

ショップで働いていた若かりし頃は、次から次へとスピーディに1日何頭
もトリミングできるトリマーを目指していた。
そして、飼い主さんのどんな要望のカットスタイルにも応えられるトリマー
がプロだと思っていた。

でも、そこには「犬」のことは何も考えていなかった。
自分のトリミング技術を向上させることばかり。。。
「犬のきもち」や「犬の立場」を考えてトリマーではなかった。
もちろん、トリミング技術や知識は必要だけど、それだけではプロ
とは言えないと思う。

どの分野でも極めたプロフェッショナルたちが声をそろえて言って
いることがある。
「技術や知識がいくら付いたからと言ってもそこに「心(キモチ)」
ないと真のプロとは言えない」

その通りだと思う。そこに「心」がないといけない。

若い頃は自分の技術こととばかりで「犬」に対する「心(きもち)」
なかったと思う。

犬は人間よりも年を取るスピードが速く寿命が短い。
人間よりも寿命が短いからこそ健康で快適な生活が送れるトリミング
をトリマーはしてあげるべきなのではないか…
飼い主さんの見た目重視の自己満足なカットスタイルよりも、愛犬が
いかに快適で気持ちよく過ごすことができるかと「犬」の立場になって
考えたカットスタイルにするべきなのではないか…
と、カットスタイルにこだわりを持つようになりました。

飼い主さんがおしゃれなファッション性の高いカットスタイルを要望しても
そのカットスタイルが愛犬にとって快適で過ごしやすいのか愛犬の立場
に立って考えてもらいます。
そして、そのおしゃれなカットスタイルを次回のトリミングまで飼い主さん
がお手入れをして持続することができるのかどうかも考えてもらいます。
飼い主さんがお手入れをしやすいカットというのも、愛犬にとって快適に
過ごせるかの重要なポイントですからね。

トリミング前のカウンセリングでどんなカットスタイルにするか飼い主さん
と相談しますが、飼い主さんは愛犬のことを考えているようで本当に愛犬
の立場に立って考えていないことがわかったりします。

トリマーも飼い主さんも愛犬の立場に立って考えましょう。


さて、今回こだわった快適なカットスタイルとは…


続きはこちら»

スポンサーサイト

おまかせカット

カットスタイルは飼い主さんの好みや希望を聞いて、なるべく
その要望に応えるカットをしていく。
時々、飼い主さんの希望や要望のカットスタイルがどう考えて
もおかしくバランスが悪いスタイルだったとしても、その希望通
りにカットする。

多いのは、きれいにカットされている写真が載っている犬の雑誌
などを持ってきて「このワンコと同じカットをしてください」と要望す
る飼い主さん。
同じ犬種でも、毛質や毛量、ボディスタイル、顔の形などが違う
からまったく同じスタイルになるわけがない。
その違いを説明しても納得せずに強引にして欲しいとお願いされ、
なんとか同じく見えるようにカットしても「ぜんぜん違う!」と文句
を言う飼い主さん。

ショップで働いていた若かりし頃は、このようなことを多く経験しました。

私たち人間だって同じことがあてはまる。
美容師さんに人気の歌手や女優の髪型と同じにしてと言うお客さん。
髪質が違うし、第一顔がぜんぜん違うから同じ髪型にしたとしても
その歌手や女優に見えるわけないし…似合わないと思う。

人間も犬も自分の髪質や毛質に合わせて手入れのしやすいカット
スタイルにした方がいいと思う。
いくらステキなカットスタイルにしたとしても、日常的に自分でまたは
飼い主さんが手入れできないカットスタイルは困りますよね。

私の場合は、飼い主さんの好みや希望を聞きつつも、愛犬が快適
で過ごしやすく手入れがしやすいカットスタイルをアドバイスします。
快適なカットについてはこちらの記事を→ 「愛犬のために快適にカットを」

カットスタイルにこだわっている飼い主さんがいる一方で、まったく
気にしない「おまかせカット」の飼い主さんもいます。
飼い主さんの希望するカットスタイルを聞くと「トリマーさんにまかせる」
という飼い主さんです。
これは要望がないのでトリマーが楽にカットできるように思いますが、
けっこう落とし穴があるんですよ。

まかせてくれたからと愛犬に似合うと思うカットをしたのに、、、
「こんなに短くなったの~!」
「もっと耳の毛を長くして欲しかった」
「顔の形はもっと丸いほうが似合うのに~」
などなど、飼い主さんの不満がでてくることもある。
それなら、おまかせカットではなく、なぜ好みや要望を言わないのだ?
と矛盾を感じることもけっこうあった。

訪問トリミングは、飼い主さんの目の前でカットしますから、その場で
カットスタイルを見て確認してもらうので、そのような問題は起こりにくいです。



続きはこちら»

プロフェッショナル

「プロフェッショナル」…常にこの言葉を意識して仕事しています。
飼い主さんから大切な「命」を預かる責任重大なこの仕事は、
常にプロ意識を持たなければと思う。
今の現状に満足することなく、常に向上心を持ち愛犬と飼い主
さんが喜んでくれるような知識と技術をもっともっと身につける
べく日夜研究・勉強中です。

「プロフェッショナル」に対しての意識は、自分だけではなく他の
トリマーの方たちも「プロ」として仕事しているのだからと、つい
厳しい目で見てしまいます。

先日開催した「お手入れ教室」に参加したいと近くでサロンを
しているトリマーさんから申し出がありました。
しかし、あくまでも飼い主さん向けのお手入れ教室なのでプロの
方の参加はお断りしました。
昨年、飼い主向けのお手入れ講習を開催した時も現役のトリマー
さんから参加したかったというメールをいただいたことがありました。

でも…なぜ???
なぜ現役のトリマーさんが飼い主向けの教室に参加したいの?
お手入れのことをほとんど知らない素人の飼い主さんの向けの
講習だから、トリマーなら当然知っている当たり前のことばかり
の内容なのに…参加?

ブラッシングや爪切り、シャンプー法など基本中の基本で、トリマー
として毎日当然仕事としてやっていることばかりの内容だし…
自宅で飼い主さんでもできるお手入れ法だからプロ向けの専門的
な知識や技術などは一切講習していないのに…

専門学校に通っているトリマーの卵の学生ならわかるけど、、、
現役トリマーさんが「勉強したい」と参加希望するってプロとしてどうなの?
飼い主さんと同じレベルなの?
まさか、お手入れの基本もわからず仕事をしているの?
それって、プロのトリマーとして恥ずかしくないの?

この状況に同じプロのトリマーとしてガッカリな気持ちなんですが…
プロのトリマーならやはりプロ向けの講習会やセミナーに参加して
高い知識と技術を学んで得てほしいと思うのですが。。。



続きはこちら»

カットの変化

ブログを始めてから、トリミングの時に毎回写真を撮っている。
ショップなどで働いている時はトリミングカルテ作成のためにトリミング後
の写真を1回くらい撮ることはあるが、毎回トリミング前後の写真を撮るこ
とはほとんどなかった。

毎回撮っている写真を見比べてみるとカットの変化が面白い。
特に、一番最初のカットスタイルと最近のカットスタイルがかなり違う。
もちろん、トリミングは機械ではなく完全な手作業なので、前回と全て
同じカットというのは難しい。
同じように見えても、微妙に違っていたりする。

一番最初というのは、飼い主さんと愛犬に会うのは初めてでカット
スタイルもなかなか定まらない場合が多い。
初めて犬と暮らすという初心者の飼い主さんはどのようなカットス
タイルがいいのかわからない。
こちらからいろいろとアドバイスをしてカットするが1,2回ではカット
スタイルはなかなか確立されない。

飼い主さんがかわいいと思って要求したカットスタイルが想像していた
よりも似合わないと感じたり、手入れが大変になったりすることもある。
「トリマーさんにお任せするわ」と言われ、きっと似合うと思ってカットした
スタイルが飼い主さんが好まなかったりする場合もある。
まぁ、その時の人気スタイルというのもあったりしますからね…。

その愛犬それぞれの毛質に合わせて手入れのしやすい快適な生活が
できるカットを追及しているので、より良いカットを目指してカットスタイル
が変化していく。

私の訪問トリミングは、飼い主さんが日常のお手入れをしっかりしていた
だくことが条件になるので、お手入れの大変さがわかり、だんだんと短め
のカットスタイルを要求してくる。
最初は、フワフワ長めのスタイルを希望してもシャンプーやブラッシング
などの普段の手入れが大変
だとわかり、短めのカットスタイルを要求することになる。

トリマーもそれぞれの被毛の特徴や飼い主さんのカットの好みなどだんだん
とわかってくるので、それに合わせてカットスタイルも変えていく。

カットの変化の中でも、プードルはトリミング前と後ではかなりの変化がある。
特に顔のカットスタイルの変化は多い。

続きはこちら»

年末トリミング

トリマーが一年で一番忙しいのは、一年の最後の月…そう12月。
12月はトリマーにとって多忙で稼ぎ時なのです。
特にクリスマス明けの年末時期になると、通常の倍以上の頭数をトリミング
することになり、昼食をとる時間はほとんどなく、トイレに行くこともできなく
なるくらい忙しくなる。

年末トリミングの忙しさは、日本だけのこと。
日本人にとって新年の幕開けのお正月は特別なことだ。
そのお正月を迎える準備として年末に大掃除をする習慣が日本にある。
今年一年分の汚れを落として、新年を気持ちよく迎えるという年末の大掃除。

年末大掃除は家の中だけでだけではなく、愛犬もきれいにして新年を
迎えようと、年末大掃除の延長でトリミングにやってくるのだ。
年末大掃除感覚なので、普段あまり手入れやトリミングされたことのない
愛犬たちもやってくる。
普段、飼い主が手入れやシャンプーしていても、年末だけは特別でトリマーさん
にきれいにしてもらおうと愛犬を連れて飼い主がやってくる。
お正月は出かけたり来客が多かったりするので、愛犬もきれいにしなければと
トリミングにやってくることも多い。
予約なしで突然やってきて「すぐシャンプーしてくれ」という勝手気ままな飼い主
も多い。

普段トリミングに来ない犬たちも年末になるとやってくるので、トリミング頭数が
増えて忙しくなるのだ。

ショップに勤めていた若かりし頃は、年末のトリミング室は戦場になっていた。
一日平均7,8頭トリミングしていたショップが、年末は一日30頭もトリミングする。
普段よりも倍以上の頭数がトリミングにやってくるので、当然普段働いている
トリマーの人数だけではこの頭数はこなせない。
そこで、毎年年末になると専門学校に応援を頼んで、トリマーの卵の学生達が
バイトでやってくる。
学生達は、ひたすらブラシッング、爪切り、シャンプー、ドライングをする。
私たちプロトリマーは、学生達がシャンプーやドライングした犬をひたすらカットする。
次から次へとトリミングにやってくる犬たちを、ベルトコンベアー式で学生とトリマー
が作業分担してトリミングをこなしていく。
シャンプー担当の学生達の手はあかぎれで痛々しくなり、トリマーはカットの
し過ぎで腱鞘炎になってしまう。
年末のトリミング室は、たくさんの犬とたくさんの人で埋め尽くされ、たくさんの
毛が舞う中でトリミングしている。
次から次へとやってくる犬たちを時間に追われながらトリミングしていくので、
犬の負担とか気持ちとか考えたり気を使ったりする余裕なんてなく、あまりの
忙しさでイライラしながらトリミングしていた。

戦場のような年末のトリミングをしながら、もし自分の愛犬なら絶対に年末
トリミングにはお願いしない!なんて思っていた。
こんな状況では、愛犬は物扱いされ嫌な思いもしてとてもかわいそうだと思った。

そこまでして年末にトリミングをしたいのかっ!!!

続きはこちら»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。