スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の人気犬種

日本の2008年度の犬種別登録数が発表されました。
これは、ジャパン・ケンネル・クラブ(JKC)の2008年1~12月の
犬籍登録頭数です。

昨年2008年の1年間に一番多く登録されたランキング1位の犬種は
プードル でした。

プードルと言っても、トイ・ミディアム・ミニチュア・スタンダードと
サイズの違うプードルを全部いっしょに合計しての登録数ですが、
トイプードルの登録数がダントツに多いです。

日本ではトイプードルが圧倒的人気の犬種ということですね。
毎年発表される犬種別登録頭数ですが、プードルが1位になった
のは、初めてのことではないでしょうか?

2位はチワワ
チワワは、2001年から7年連続の登録数No.2です。
登録頭数はここ数年あまり変わらないので、根強い人気の犬種
なんですね。
でも、人気に火がついたのは、あのTVコマーシャルがもと…

今まで登録数1位だったダックスは、3位になっていました。
1997年から2007年まで10年連続の登録数1位という大人気の
ダックスだったのですが、年々登録数が減少して…3位に。。。

JKC犬種別登録頭数については→ 「JKC 公開データ」
(1999年~2008年の犬種別登録頭数を見ることができます)

トリマーのなりたての若かりし頃は、一般の方にプードルは人気
がなく、プードルと言えばトリマーが飼っているというイメージが
強かった。
ショップにトリミングで来るプードルの数はとても少なく、店頭販売
でもプードルの子犬は人気がなく売れる犬種ではなかった。
その頃は、今現在のようなプードルが大人気になり登録頭数1位
になるなんて想像すらできなかった。
今では、トリミング依頼の犬種はプードルが多くなった。

その頃の人気犬種は、シーズーだった。
毎日毎日シーズーばかりトリミングしていた記憶がある。
ちなみに、14年前の1994年のJKC犬種別登録頭数のランキングは、、、
1位 シーズー    2位 ゴールデン・レトリバー   3位 ポメラニアン

大型犬のゴールデン・レトリバーが人気犬種になった時代がありましたね。
あまりの急激な人気で乱繁殖が起こり、股関節形成不全という
遺伝性疾患の問題が起こり、歩き方のおかしいゴールデンを
多く見かけました。
人気が出ると必ず繁殖の問題が起こり、その結果遺伝性疾患の
犬が多く見られるようになります。
日本人は、流行とか人気とかにすぐ左右され、犬も流行や人気
など見た目などで選んでしまうので、このような遺伝性疾患の
問題は深刻になるばかりです。

ファッションと同じような感覚で犬にも流行がある日本。。。
26年前の1982年のJKC犬種別登録頭数のランキングは、、、
1位 マルチーズ   2位 シェルティー   3位 ポメラニアン

53年前の1955年のランキングは、、、
1位 日本スピッツ   2位 アメリカン・コッカー  3位 ワイヤー・フォックス・テリア

こうして比べてみると、日本は流行などによって人気犬種がよく
変わる国なんですね。。。
犬はまるでファッションやアクセサリーと同じ流行によって人気
が左右される…「命」ある生き物なのに。。。

欧米だと違うんですよ。
日本とは違って犬と暮らす意識や歴史が違いますから、犬種別
ランキングは、毎年ほとんど変わりなしです。

アメリカのAKCでも2008年の登録数ランキングが発表されましたが
1位はラブラドールで18年連続のNo.1なんですって!
登録数上位の犬種はほとんど何年も変動ナシです。

英国(KC)も確か1位はラブラドール(2007年)で16年連続No.1で
やはり登録数上位は毎年変動はほとんどなし。

日本は、登録数上位の変動はけっこうあることがわかります。
テレビや映画などの影響で一気にブームになる犬種。。。
その当時の人気犬種で、それぞれの時代背景がわかりますね。

日本のプードル人気に火がついた原因は、ご存知テディベアカットの出現。
以前のプードルのカットは、手足の先と顔にバリカンでツルツルに刈る
スタイルが一般的だった。
しかし、このスタイルはかなり不評…そのためプードルは人気がなかった。
ところが、モコモコのクマのぬいぐるみのようなテディベアカットが登場
すると、今まで見向きもされなかったプードルが大人気になった。
「プードルは好きではない」と言っていた飼い主が「プードルかわいい」と
言って飛びつく…あちこちでプードルを見かけるようになった。
人気がなかった時代も今もプードルの特徴や性格など魅力は何一つ
変わってないのに、見た目のカットスタイルでキライから好きに変わる…

トリマーとしては、トリミング犬種のプードルが人気になり、頭数が
増えることは仕事的に歓迎すべきことなんだけど…
プードルの飼い主であり、以前と変わらずプードルの魅力をわかって
いる私個人としては、今のプードル人気はかなり複雑な気持ちだ。

これからプードルはどうなっていくのだろう?
ダックスのように何年か連続1位が続き、そのうち登録数が減少して
以前のように人気がなくなり見向きもされなくなるのだろうか?
あのシベリアン・ハスキーのように。。。

「命」ある犬に流行やブームなど起こらないで欲しい。
その裏では、悲惨な現実が起きていることを知って欲しい。


さて、訪問トリミングのお客様のプードルといえば…


続きはこちら»

スポンサーサイト

こだわりの快適カット

長年トリマーをしてきてトリミングに対する考えが変わった。
(こだわりについては→ 「トリミングへのこだわり」 )

そして、カットへのこだわりもかなり変わった。

ショップで働いていた若かりし頃は、次から次へとスピーディに1日何頭
もトリミングできるトリマーを目指していた。
そして、飼い主さんのどんな要望のカットスタイルにも応えられるトリマー
がプロだと思っていた。

でも、そこには「犬」のことは何も考えていなかった。
自分のトリミング技術を向上させることばかり。。。
「犬のきもち」や「犬の立場」を考えてトリマーではなかった。
もちろん、トリミング技術や知識は必要だけど、それだけではプロ
とは言えないと思う。

どの分野でも極めたプロフェッショナルたちが声をそろえて言って
いることがある。
「技術や知識がいくら付いたからと言ってもそこに「心(キモチ)」
ないと真のプロとは言えない」

その通りだと思う。そこに「心」がないといけない。

若い頃は自分の技術こととばかりで「犬」に対する「心(きもち)」
なかったと思う。

犬は人間よりも年を取るスピードが速く寿命が短い。
人間よりも寿命が短いからこそ健康で快適な生活が送れるトリミング
をトリマーはしてあげるべきなのではないか…
飼い主さんの見た目重視の自己満足なカットスタイルよりも、愛犬が
いかに快適で気持ちよく過ごすことができるかと「犬」の立場になって
考えたカットスタイルにするべきなのではないか…
と、カットスタイルにこだわりを持つようになりました。

飼い主さんがおしゃれなファッション性の高いカットスタイルを要望しても
そのカットスタイルが愛犬にとって快適で過ごしやすいのか愛犬の立場
に立って考えてもらいます。
そして、そのおしゃれなカットスタイルを次回のトリミングまで飼い主さん
がお手入れをして持続することができるのかどうかも考えてもらいます。
飼い主さんがお手入れをしやすいカットというのも、愛犬にとって快適に
過ごせるかの重要なポイントですからね。

トリミング前のカウンセリングでどんなカットスタイルにするか飼い主さん
と相談しますが、飼い主さんは愛犬のことを考えているようで本当に愛犬
の立場に立って考えていないことがわかったりします。

トリマーも飼い主さんも愛犬の立場に立って考えましょう。


さて、今回こだわった快適なカットスタイルとは…


続きはこちら»

トリミング犬種は定期的なトリミングを!

今回のトリミングは、お世話になっている 「わんこのきもち」のSAKIKOさん
からのご紹介でSAKIKOさんのご友人の愛犬を訪問トリミングしてきました。
 (SAKIKOさんのブログはこちら→ 「わんこのきもち」 )

ご友人の愛犬とはまだ1歳という若いトイプードルとのことで、SAKIKOさん
から送られてきたそのプードルの写メを見て…絶句…
えっと…これはトイプードル???と予想外の姿に驚いた。
小豆の写メ

訪問して実際そのプードルに会ってみて、これまたビックリ!!!
思わず「どうしたんですか?何があったの?」と尋ねたくなるような姿で…
昨年も驚きの姿のプードルをトリミングしましたが…
(その記事はこちら→ 「プードルの訪問トリミング」 )

今回はまた違った驚きの姿のプードル…
名前は小豆(あずき)ちゃん、女の子なのに、体も顔もボサボサの
ムク犬状態というより、捨て犬状態。。。

「今までトリミングはどうなされていたんですか?」と聞くと、、、
「今まで一度もトリミングしたことがないんです」と飼い主さん。。。

え~~~っ!生まれてから今日までの約1年間、一度もトリミング
したことがないんですかっっっ!!!
トリミング犬種のプードルを一度もトリミングしたことがないって…
いやぁ~驚きました。
1年間伸ばし続けるとこの姿になるんですね…と妙に感心している
場合ではない!
カット前の小豆
プードルを飼うのは初めてにしても、今までトリミングしたことない
なんてトリミングについてちょっと無頓着すぎではないかと、せっかく
プードルに生まれてきた小豆ちゃんがかわいそうに思えてきました。

訪問トリミングでは、新規のお客様の場合、時間をかけてお手入れ
の大切さと必要性を伝え、飼い主さんの質問に答えながら愛犬との
暮らしがより良くなるようカウンセリングをします。
小豆ちゃんのために、トリミング前のカウンセリングは時間をかけて
ましたよ!
お手入れの大切さ、そしてしつけなどこれから小豆ちゃんとの暮らし
についてしっかりとアドバイスとカウンセリングさせていただきました。

特にプードルはトリミング犬種なので、トリミングすることでプードルの
魅力が発揮されます。
トリミングしてこそプードルではないかとトリマーとしては思うのです。
もちろん、トリミングは健康維持にもつながりますから、定期的なトリ
ミングで快適な生活をさせていただきたい。
定期的なトリミングで本来のプードルの美しさやかわいらしさの魅力を
発揮させて誰からも愛される小豆ちゃんになって欲しいですね。

さて、一通りのカウンセリングが終わりトリミング開始ですが…
生まれて初めてのトリミングなので、小豆ちゃんがトリミングテーブル
の上で長い時間大人しく立っていられるのかとても不安です。。。

続きはこちら»

悲報。。。

お正月明けのトリミング依頼で悲しい知らせがありました。

このブログで何度かご紹介している糖尿病を患っている
マルチーズのブブくんが天国に召された…との知らせでした。
(ブブくんの記事→ 「病犬のための訪問トリミング」 )

ブブくん


糖尿病が進行して失明してしまったブブくんだけど、トリミングで
訪問していたときは元気だったのに…
前回の訪問トリミングも元気なブブくんだったのに…まさか…
信じられない気持でいっぱいでした。

昨年末に急に体調が悪くなり病院通いをしていたそうですが、
お正月に天国に行ってしまったブブくん。。。
毎日インスリンを打って懸命に治療をしていた飼い主さんの
ブブ君に対する気持と深い悲しみを思うと、とてもせつなくなり
言葉がでません。

訪問トリミングは高齢犬や病気を患っている犬にとって負担が
とても少ないと喜ばれていますが、その反面このような「死」と
いう悲しい体験をしてしまうことが多くなります。
高齢犬や病犬の依頼が多い訪問トリミングなので「死」という
ことは覚悟しているのですが、今までトリミングしてきた愛犬の
「死」というのはとても悲しくショックを受けます。

そんな悲しみの中、、、
「高齢で病気持ちだったので、負担の少ないトリミングをしていただきよかったです。」
と飼い主さんから言われると、少しでも負担が少なくなるように
と訪問トリミングしてきてよかったとしみじみ思います。
私の愛犬も高齢で病気持なので、自宅トリミングの良さが充分
実感してわかっています。

今、ブブくんはきっと苦しみも痛みも辛さもなく、元気に楽しく天国で
走りまわっていると思います。
ブブくん今までよくがんばったね、ブブくん天国で幸せにね!


高齢や病気になると、体が不自由になり私たち人間も愛犬も
不安になります。
そんな不安の中一番安心してリラックスできるのは病院や施設
にいるよりも自宅ですよね?!
訪問トリミングは、リラックスできる自宅で大好きな飼い主さんに
見守られているので高齢犬や病犬にはオススメです。
これからも、愛犬の負担を少しでも少なくリラックスしてトリミングが
受けられるように高齢犬や病犬のために「在宅ケアトリミング」
訪問トリミングのなかで力を入れてやっていこうと思います。


さて、こちらのお宅にはもう1頭マルチーズのアリスちゃんがいます。

続きはこちら»

今年の抱負

すっかりと年が明け、気がつけば2月になったというのに…
まだまだどこか正月気分が残っているようなのんびりとスロー
テンポで仕事をしているため、ブログ更新の間がかなり空いて
しまいました。

ショップで働いている若かりし頃は元旦から忙しく仕事して
いましたが、訪問トリミングは年末もお正月も関係なくいたって
マイペースな仕事運び。。。
今年は、訪問トリミングの良さが広まり依頼が殺到しないかな~
と期待してはいるのだけれど。。。

そんな感じで先月はいろいろと考える時間がたっぷりとあり、
昨年を振り返り、仕事の方向性を改めて考えてみました。

みなさまの愛犬に負担を少なくするトリミングを目指し始めた
訪問トリミングですが、今までたくさんの愛犬たちをトリミング
してきて、一番愛犬に負担がかからないトリミングがわかり
ました。
それは、飼い主さんがご自宅で愛犬のお手入れをしっかりと
することなのです。

飼い主さんが日頃、愛犬のお手入れをしていただければ、もつれ
や毛玉がなく、被毛や皮膚も清潔で健康を維持できます。
トリミング間隔がしばらく空いたとしても、日頃のお手入れでもつれ
がなく、被毛が健康な状態だとトリミング時間も短縮でき、トリマー
も愛犬も負担が少なく良い結果となります。

今後愛犬が老犬になった時のことも考えると、できるだけ飼い主さん
がご自宅でお手入れをしていただくことが一番よい!
ということです。

しかし…
訪問トリミングで実際のお手入れを見てもらい説明すると、ほとんどの
飼い主さんは目からウロコが落ちる状態のように驚く。
お手入れ道具の選択や使い方が間違っていて、勝手な思い込みで
お手入れをして、愛犬の負担が大きくなっていることが多いんです。
飼い主さんからよく聞く言葉は、、、
「知らないって恐ろしいことですね。長い間愛犬にかわいそうなことしてました」


でも、しかたありませんよね。
自分の愛犬に合ったお手入れを教えてもらいたくても、時間に追われ
ながら忙しくトリミングしているトリマーさんになかなか聞くことはできま
せんよね。
私もショップで働いてる時は、飼い主さんにお手入れについての話を
する余裕はありませんでしたから、ショップのトリマーさんの気持ちも
わかります。

愛犬に一番負担の少ないトリミングを考えた時、この訪問トリミング
が一番いいと思い、愛犬がどのような環境で生活しているのか実際
に見ることができるので、その家庭環境と愛犬に合ったお手入れを
的確にアドバイスすることができます。
飼い主さんと話をする時間もタップリとありますから、余裕を持って
質問や疑問に納得するまで答えることができます。

今年は、もっともっとたくさんの飼い主さんに正しいお手入れを知って
もらうために、訪問トリミングでは、自宅でできるお手入れ法を伝える
ことによりいっそう力を入れていきたいと思います。

訪問トリミング以外でも正しいお手入れを知っていただくために
「お手入れ教室」などの講習会活動も昨年以上に今年はやって
いきたいと思っています。

飼い主さんだけでなく、トリマーさんへの講習会もしていければと…
トリマーの卵たちのいる専門学校の講義などもして、トリマーの
育成にも携わっていきたいし…
飼い主さんに正しいお手入れを伝えることができるトリマーさんが
増えて欲しいのでこのような講習会も開催できればと思っています。

今年の抱負は
一人でも多くの飼い主さんに正しいお手入れを伝える活動をしていく
ことと一人でも多くの同じ志を持つトリマーさんや協力者を増やすこと
です。

みなさま、応援よろしくお願いしますm(__)m



さてさて、先月のことですが、今年最初のトリミング依頼は…

続きはこちら»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。